ドローンによる生体試料の輸送で最長距離を記録

小型無人航空機「ドローン」による医療目的の生体試料の輸送で最長距離を達成したことを、米ジョンズ・ホプキンス大学病理学のTimothy Amukele氏らが発表した。

84人分の血液試料をドローンに積み込み、アリゾナの砂漠の上空を161マイル(約260km)にわたって飛行させたところ、着陸後の検査で血液試料の質に異常は認められなかったという。
詳細は「American Journal of Clinical Pathology」9月5日号に掲載された。

Amukele氏らは今回、血液試料をドローンで長距離輸送することによる影響について検討した。
血液試料は米アリゾナ大学で84人からドローン輸送用と地上での保管用を1組ずつ採取し、同大学から76マイル(約122km)離れた飛行場へ自動車で運んだ。

飛行場に到着すると、血液試料をドローンに装備した一定の温度に保たれたチャンバーに積み込んだ。
もう片方の血液試料は飛行場に駐車した自動車の一定の温度に保たれた車内に置いたままにした。なお、この実験中の平均温度はドローンのチャンバー内が24.8度、自動車内が27.3度だった。

血液検査に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

ドローンは161マイルの距離を飛行し、飛行場に戻ってきた。飛行時間は3時間だった。
このフライト実験の後、全ての血液試料をアリゾナ州スコッツデールのメイヨークリニックまで運び、分析したところ、ドローンで輸送した血液と自動車内に置いていた血液との間に赤血球、白血球、血小板の数、ナトリウム値などの違いは認められなかった。
ただ、血糖値とカリウム値はわずかだが有意差があったとしている。

Amukele氏は「道路がなくてもドローンがあれば生体試料の輸送が可能となり、迅速な診断や治療を困難にする交通事情の問題を克服できる。
これは21世紀で最高の医療用試料の輸送システムになりそうだ」とコメントしている。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年9月19日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。