月経困難症とは?どんな病気?気になるその原因は?

月経困難症の言葉は意外に聞きなれたない言葉ですが、月経時(生理時)に特に症状がひどくなりお腹が張ったり、吐き気をもよおしたり、突発的な頭痛、食欲不振、異常な疲労感や脱力感。発熱、悪心。痛み以外の要因からイライラしたりする精神的な症状、憂鬱状態。下痢、腰痛、下腹部痛といった肉体症状と、人によってはその重症度合いも個人差はありますが耐えがたい、男性にはわからない痛みや気分的症状を発症します。どんなことが原因で考えられるのか解説していきます。

 

月経困難症の原因は?

月経困難症は主に二種類のパターンがあり、機能性月経困難症と器質性月経困難症(続発性に分類されています。

月経困難症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 

器質性月経困難症(続発性~ぞくはつせい~月経困難症)

子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症など、子宮内や子宮の外側に筋腫などができることにより通常の機能が正常に働くことができず、他の病気によることが原因となり症状を悪化させる病気です。わかりやすいイメージとしては生理初日から~2、3日を過ぎれば痛みや症状も緩和の方向へ徐々におさまっていきますが、器質性月経困難症の場合は症状がずっと続き、個人差もありますが症状が重く、日常生活に支障をきたす状態になるケースが多いです。

 

機能性月経困難症

月経時に作用する、プロスタグランジンが過剰に分泌する(血液を排出する作用物質)ことによる影響が強く、引き起こす症状によってどう作用するのかが変わってしまいますが、この物質が、平滑筋収縮(血管などを覆う筋肉部分)それに伴い血圧を下げたり、血管を拡張させたりとさまざまな影響を与えることで、肉体的な症状や精神的な症状に影響を及ぼします。器質性月経困難症とは違い、何か肉体的な原因による影響よりも、精神的なストレスや冷え性が強く関連しているといわれており、日々の疲れで免疫力の低下等も影響しているのではないかと考えられます。

 

月経困難症は、自己診断チェックを基準で考えるのではなく医師の診断を受けるのがおすすめです。月経前症候群(PMS)の関連、妊娠しにくい(子宮筋腫が原因であれば考えられる可能性)色々な病気との分類が難しく、病気症状によっては処方箋、漢方、ピルなどで緩和されるケースもあるため月経時の痛みや不快な状態が続くなーと感じたら病院に行くのがまずは最善です。

月経困難症の基本情報についての詳しい解説はこちら

月経困難症とは?月経痛や生理痛に関する基本情報。ホルモンによる原因、子宮筋腫などによる起因の症状など。月経困難症・月経前症候群(PMS)のメカニズムを詳しく解説しています。

月経困難症に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。