月経困難症の体質に改善に漢方を使用するメリットは?

月経困難症。その病気で生じる月経痛。通常の病院の治療や体質改善・もしくは薬が身体に合わない方などは漢方薬を処方。または同時に服用される方も決して少なくはありません。
医学的には研究が進んでいますが確たる研究データこそでていないものの漢方医学は他の病気(子宮筋腫、子宮内膜症や突発性難聴が改善・完治されたという症例もあり)の治療でも併用され、注目されています。実際に効果がある人、効く人もいるというのは事実です。
月経困難症に用いられる漢方はどういったものがあり、どういった効果があるのか詳しく解説していきます。

漢方が有効な症状や種類とは?

婦人科や専門クリニック。漢方医がいる病院や精通している医師がいる病院などであれば通常の薬物療法と同時に漢方による緩和処置も受けることができます。もちろん市販薬でも販売されていますが、体質的に合わない人もいるので医師の診断の元服用するのがおすすめです。効果がない。場合によっては悪化する可能性も少ながらずあります。

月経困難症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

漢方が処方されるときは、まず病気による症状で体力があるのか。体力が虚弱であるかが一つの判断基準で処方される種類が異なるケースもあります。
芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)等、名前は聞きなれないものですが、よく処方される漢方薬です。
貧血症状、冷え症による血流の循環が悪い場合などにも効果があり、痛みが激しい場合などに対しても鎮痛作用をもたらすものなどその効能もさまざまです(桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が症状に該当する)。
精神的な不安症やいらだちのある場合など、身体的な症状以外にも精神、心の症状に対しても有効であるとされています。

上記の漢方薬はあくまでも、一例で別の漢方も体力や症状に合わせて処方されることもあります。ただ決して漢方薬のみで治療が成功する(治った!という人もいらっしゃいますが)という保証はないので、万能であると過信せずに、服用する際は病院の医師による診断基準の元、使用するように心がけることが非常に大切です。

月経困難症の基本情報についての詳しい解説はこちら

月経困難症とは?月経痛や生理痛に関する基本情報。ホルモンによる原因、子宮筋腫などによる起因の症状など。月経困難症・月経前症候群(PMS)のメカニズムを詳しく解説しています。

月経困難症に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。