月経困難症や月経前症候群(PMS)の吐き気の対処法

女性であれば誰でも経験する生理(月経)の不快な症状を決して少なくないとは思います。生理前に起こる月経前症候群(PMS)の症状は生理前から吐き気や下痢、めまいや頭痛の症状を引き起こし、通常の仕事や家事などを行えないほど重い症状に至る場合もあります。生理中に重くなることを月経困難症といい、PMSに近い症状を引き起こし、吐き気に悩まされるといったことも決して珍しいことではありません。
どういったことでこういった症状が起きるのか詳しく解説していきます。

月経困難症はホルモンの過剰な分泌により引き起こす症状

月経困難症は病的な原因がない月経の症状を引き起こす病気です。そのメカニズムは、プロスタグランジン(又は、PG、プロスタグランディン)と呼ばれる、生理活性に関するホルモンの一つで、このホルモンが過剰に分泌されるため、不快に思うさまざまな症状が重くなり影響してきます。
このプロスタグランジンが分泌されることにより、胃、腸などの臓器を圧迫し、収縮させてしまうことで、吐き気や下痢といった症状を誘発させてしまうのです。

月経困難症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
月経困難症の対処法は?

実際は個人差があり、お医者さんから処方される薬も合う合わないもあります。よく聞く対処法は、ピルなどの服用でホルモンバランスを整えて症状の緩和をさせるといった治療法があります。ただ、ピル自体にも人によっては体質的に合わない人もいて、飲んだことで逆に不調が続くといったケースもあります。ピルにも種類があるので、無理して飲み続けるよりも合わないときは正直に医師と相談し改善することもできます。
ただでさえ月経困難症の症状は辛いもので、ここで無理をする必要はありません。
他には痛み自体がひどい場合は鎮痛剤により緩和をさせる。
体質改善も含めて特に副作用がない漢方薬の処方なども進められるケースもあります。
心理的な要因の場合は、ストレスをため込まない。禁煙や、適度な運動やストレッチ。正しい生活リズムを整えることで副交感神経を活発にする(自薦治癒力を高める)。血液やの循環もよくなれば症状も緩和されるので、こういった肉体的、精神的な改善方法など日々に自分にあったちょっとした意識で緩和することも可能です。

月経困難症の吐き気の対処法はさまざまです。出来れば自己判断はせずに病院に通い医師にきっちり相談できる環境を作り、自分自身が楽になるように抱え込まないようにするのが何より大切です。

月経困難症の基本情報についての詳しい解説はこちら

月経困難症とは?月経痛や生理痛に関する基本情報。ホルモンによる原因、子宮筋腫などによる起因の症状など。月経困難症・月経前症候群(PMS)のメカニズムを詳しく解説しています。

月経困難症に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。