月経困難症には、どういった治療方法があるの?

月経困難症。その治療方法のガイドラインはどういった診断も元、治療が行われるのかはその症状によって異なります。
月経困難症には二つの分類があり、機能性(原発性)月経困難症と器質性(続発性)月経困難症の2種類があります。
後者にあげた器質性月経困難症は、子宮筋腫や子宮内膜症により、身体的な何かしらの原因に起因し、過多月経や重い症状が出るタイプの月経困難症です。
一方、機能性月経困難症は、非常になる割合の人が多く、プロスタグランジンなどのホルモンが過剰分泌されることで、バランスが崩れて症状を引き起こすケースです。

月経困難症の治療方法は?

一般的には鎮痛剤、痛みの症状が重い場合などに用いられます。症状を緩和させる対症療法が多く用いられます。プロスタグランジン合成阻害薬も用いられるケースもあり、これはホルモンの過剰分泌を抑える作用があり、特にひどい痛みなどに用いられます。
治療の選択肢で、ピルの処方が医師の診断により服用を進められますが、高血圧や煙草を吸う人、ほかの病気を抱えている人(病気の種類による)など服用ができない場合があるため、医師によっては服用を禁じる場合もあります。必ず病院での医師の診断によるチェックは必要であるといえます。

月経困難症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
薬物療法以外にも生活習慣の改善も重要

月経困難症の原因、ホルモンバランスの乱れによる過剰分泌が原因と考えた場合、日々の生活習慣も非常に重要です。月経前困難症(生理前から起きる症状)にも同じことが考えられます。
イライラの症状も出やすくなるため極力ストレスをため込まない。身体に無理をさせない。規則正しい生活リズムを送る。リラックスをするタイミングを必ず設ける。十分な睡眠時間を確保するなど精神的な見えない部分のセルフケアも非常に大切です。よく漢方やツボも効果があるといわれているのが、ホルモンバランスを整える上で根本的な体質改善の重要性の観点から、病院と違ったアプローチの重要性も、治療に効果があると感じている人も多くいらっしゃいます(効果や体感は個人差によります)。体のメカニズムの副交感神経(リラックスや自然治癒力を高める場所)をできるだけ優位にさせてあげることができるのかも非常に大切です。

薬物療法の治療方法やピルの処方。漢方やツボなど自分に合った治療方法は色々とることができます。医師の診断に基づき、指示に従うのは何よりです常用ですが自分自身でもできることも色々あります。もし症状が緩和しないといった場合は、併用して進めたり、日々の生活習慣に気を付けてあげるという心がけも、自分のためにいたわってあげるのもよいかもしれません。

月経困難症の基本情報についての詳しい解説はこちら

月経困難症とは?月経痛や生理痛に関する基本情報。ホルモンによる原因、子宮筋腫などによる起因の症状など。月経困難症・月経前症候群(PMS)のメカニズムを詳しく解説しています。

月経困難症に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。