高齢者の減量に最適な運動プログラムは?

減量したい高齢者は、摂取カロリー量を減らしつつ筋力トレーニングをすべきだという研究結果が「Obesity」11月号に掲載された。

米ウェイクフォレスト大学健康運動科学助教のKristen Beavers氏らによる研究で、高齢者が食事療法に合わせて筋力トレーニングをすると、有酸素運動をした場合に比べて、脂肪量を減らしつつ筋肉量を維持できるという。

高齢者にとって、体重の増えすぎは体力低下や身体障害をもたらす原因となり得る。しかし、食事療法のみで減量を試みると、歩行や自立した生活を維持するために必要な筋肉まで失われてしまう恐れがある。

そこでBeavers氏らは高齢者に最適な減量方法を調べるために、平均年齢67歳の高齢者249人を(1)食事療法のみの群、(2)食事療法+週4日の筋力トレーニング(ウエイトリフティング)群、(3)食事療法+週4日の有酸素運動(早足でのウォーキング)群の3つの減量プログラム群にランダムに割り付け、その効果を比較した。

ダイエットに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年11月2日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。