子宮内膜症は不妊の原因になる?病気の詳細とタイミング

子宮内膜症よる不妊の原因について

子宮内膜症って知っていますか?お腹が痛いのはただの生理痛でしょうか。不妊の原因ともなる子宮内膜症をしっかりと把握して痛みや不妊から解放されましょう。

  1. 1. はじめに
  2. 2. 子宮内膜症の特徴
  3. 3. 子宮内膜症が不妊につながる理由
  4. 4. 子宮内膜症の可能性がある?セルフチェックしてみよう
  5. 5.病院で行われる宮内膜症検査と費用
  6. 6. 子宮内膜症の検査はどのタイミングで受けたらいい?
  7. 7. まとめ

はじめに

生理が訪れるたび、もしくは最近お腹の調子が良くない、もしかしたら妊娠しないのは何か子宮の病気があるためなのかと不安を抱えている人は少なくないことでしょう。

女性に見られる病気のひとつに「子宮内膜症」があります。いったいどんな病気なのか、病院ではどんな検査が行わるのか、いま不安に思っている内容を解決するための手立てとなる内容をご説明いたします。

子宮内膜症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

子宮内膜症の特徴

子宮内膜症と診断される女性が年々増えてきています。以前に比べて食生活も豊かになったために初潮が早まってから閉経までの期間が延びたことや、女性の生活スタイルが変化し妊娠する機会が減ったことにも関係があると言われます。それがどのように影響があるのか子宮内膜症について詳しく見てみましょう。

子宮内膜症の病態は?
子宮内膜とは妊娠して赤ちゃんが生まれてくるまでの間のベッドの役割をします。
女性ホルモンの働きによって子宮の内側には妊娠に備えて内膜が作り出されます。1か月の間に受精が起きなければその内膜は剥がれ落ち生理として排泄されます。

こういった働きの繰り返しが1ヶ月に1度行われるわけですが、内膜が子宮の内側だけではなく骨盤の腹膜や卵巣の中など 子宮外に生じてしまう状態のことを子宮内膜症と言います。
子宮内膜症は10代や閉経後にはほとんどなく、20~40代、に多く見られます。
どんな症状が出るの?
必ずしも症状が出るかというとそうではなく、無症状の人もいます。多くの場合は生理時の下腹痛や腰痛です。中には排便時や性交時にも腹痛をともなったり、生理時に出血量が多い、生理の日以外にも出血する(不正出血)という人もいます。

また生理時以外の日にも下腹部の痛みや下痢、吐き気や頭痛、発熱などの症状がみられる場合は子宮内膜症が進行していることも考えられます。
原因は何?

子宮の内膜の組織が外側の部分に生じるはっきりとした理由は解明されていませんが、いくつかの説があります。

一つは生理時に膣から外側に行くべく血液が逆流して、あるべき場所以外に付着することで増殖してしまうということが原因。二つ目には子宮外にある細胞が腹膜と似ている組織に変化してしまい子宮内膜症を引き起こすとも言われています。

子宮内膜のコントロールは女性ホルモンのエストロゲンの働きによるものです。
エストロゲンが分泌しなくなる閉経期はもちろんですが、妊娠や授乳期には生理がないのでこの期間がたとえ子宮内膜症だったとしても自然に改善される機会であったという考えもあります。

女性の社会進出が増えて結婚が遅くなり出産率も減ったため、修復期間が少なくなったために子宮内膜症を患う人が増えてきたとも言われます。

子宮内膜症が不妊につながる理由

子宮内膜は時期が来ると自然に膣を通って排泄されますが、子宮内以外に組織が付着してしまうと不要となっても排泄する出口がないため、蓄積される一方となります。すると身体の生体反応として排除しようと炎症が起きてしまい、卵巣や卵管、腸などが癒着を起こします。

そうなると卵子も排卵期には卵管を通っていけなくなり、精子も卵子と出会うことができずに妊娠できなくなります。また炎症によって受精の環境としては不十分なため正確な受精ができなくなることも不妊原因のひとつとなります。

子宮内膜症の可能性がある?セルフチェックしてみよう

腹部には腸や子宮、尿道などさまざまな器官があります。腹痛と言ってもいろんな病気が考えられます。その中でも子宮内膜症の有無に関して可能性のある症状をあげてみました。
自己判断の目安にしてみましょう。

  • 生理痛がだんだんひどくなってきている
  • 生理以外のときにも下腹部が重だるいような鈍い痛みがある
  • 生理時は決まって鎮痛剤を服用する。
  • 生理痛がひどい時には鎮痛剤の効果がない
  • 生理時に吐き気や頭痛、めまいなどをともなうことが少なくない
  • セックスの時に腹部の奥のほうに痛みを感じる
  • 排便のときに腹部や肛門の奥側に痛みをともなう
  • 便や尿に血が混じることがある
  • なかなか妊娠しない

子宮内膜症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

病院で行われる宮内膜症検査と費用

子宮内膜症の検査って
●問診
生理周期や生理中やそのほか日常的な痛みや諸症状、子宮内膜症に限らず隠れている病気を特定するための基本となります。

●内診
直接医師が膣内に指やクスコという器具を使って子宮の大きさや形、腫瘤の有無などを確認していきます。

●超音波検査
お腹の上から超音波グローブという器具をあてて画像を見ていく方法と膣内に器具を挿入してみていく場合があります。
子宮内の異物や病気などを特定しやすくなります。

●血液検査
子宮内膜症に罹患することで数値が高くなる項目(CA125)などのチェックを行います。

●MRI・CT検査
磁気や放射線を使って体内の異常を簡潔に見つけるためのものです。
内臓の入り組んだ部分の癒着や病巣など見つけやすくなります。

●腹腔鏡検査
子宮内膜症の最終的な診断を下す手段です。
お腹を少しだけ切開して腹腔鏡を挿入し映像として病変を診断します。
しかしこの方法は入院が必要となりますので初診で行われるものでもなく、治療を兼ねて行われる検査となります。

検査費用
問診は初診や再診料に含まれますが、血液検査では項目によっても異なりますが保険適応内では3000円前後。
MRI・CT検査では3000円~10000円、超音波検査では保険適応で1500円~2000円程度となります。
腹腔鏡検査は入院費用もかかりますので10万~20万円を考えておくと良いでしょう。

子宮内膜症の検査はどのタイミングで受けたらいい?

生理痛はいつものことだから、このくらいは普通だろうと自己判断しながら毎月苦痛に耐えることは子宮内膜症であれば病巣を悪化させる要因となります。

生理痛のたびに日常生活に支障を起こすようならばすぐに診察を受けることが必要ですし、少しでも気になることがあった時には生理期間を避けて受診することが良いと思われます。

子宮内膜症は進行すればするほど治療にも時間も苦痛も伴いますので早いうちに診断と治療を試みましょう。

まとめ

子宮内膜症は自然治癒するものでもなく、時間が経てば経つほど治療も難しくなります。
女性の体は繊細であり妊娠という大きな仕事をなすものです。
苦痛から早く逃れるためにも、そして新しい家族を増やすためにも子宮に何か異変を感じた時は正しい診断と治療を受けることが大切です。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。