体外受精の採卵の痛みや方法は?採卵徹底解説!

体外受精について

体外受精の過程においては必ず卵巣から卵子を取り出す採卵があります。 いったいどうやって採るのか、どういう方法があるのかなど不安や疑問に思うことを解明したします。
  1. 1.はじめに
  2. 2.体外受精の採卵方法とは
  3. 3.代表的な体外受精の採卵方法、種類と特徴
  4. 4.採卵に使われる主な薬剤
  5. 5.採卵するときは痛い?
  6. 6.採卵費用はどのくらい?
  7. 7.まとめ

はじめに

体外受精は体力も精神力も使う大業です。その中の段階で女性が最も気を遣う部分は採卵ではないでしょうか。良い状態の卵子をつくる、正常な排卵をさせるなど薬やタイミングが重要となります。

治療の一環は医師に任せることになりますが、ある程度は把握しておきたい物です。体外受精の採卵方法や種類、痛みの度合いなどさまざまな観点からご説明いたします。

体外受精の採卵方法とは

体外受精は自然に受精できない場合に卵子と精子を取り出し体外で受精させ、再度子宮に着床させて出産へと運ぶものです。その段階で必ず行われるものが採卵です。

採卵する当日までは、月経周期を利用しながらさまざまな方法で卵巣を刺激することになります。
卵巣で卵子が育成させ採卵となりますが、麻酔が覚めたら帰宅可能となります。

採卵手法は膣内から腟式超音波(エコー)を挿入し位置を確認しながら、腟式超音波についている採卵針を卵巣内にある卵胞に刺し卵胞ごと吸引。
卵胞液を抜き取り卵子の採取に至ります。

体外受精に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

代表的な体外受精の採卵方法、種類と特徴

卵子の育成や排卵方法などを女性の体や環境に応じて組み合わせ方が違ってきますので採卵方法の種類も数多くなります。
採卵方法によって一番大きく変わるものは卵子の数となります。
代表的な採卵方法をご紹介いたします。

完全自然排卵周期法

女性の子宮や卵巣の状態が若く元気で排卵誘発剤を使わずに自然に排卵できると判断された場合に用いられます。
平均採卵数は1個となります。

何度も病院へ行かなくて良く、排卵誘発剤を使用しないので女性の体に対する負担が少ない。月経周期に間を開けずに連続で採卵可能という点がメリットになります。

デメリットは、採取卵が複数ではないので自然排卵してしまっていると機会が延長される。
また卵子が未熟であったり卵子がいない卵胞だけの採取となったりする可能性があり、妊娠率が低くなります。

クロミフェン法

排卵誘発剤のクロミフェンを使った採卵方法です。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などで卵巣機能が低下している女性に対応され、薬剤的には刺激が少ないほうなので体への負担も小さくなります。

完全自然排卵周期法同様に月経周期に間を開けずに連続で採卵可能、平均採卵数は1~5個となります。

反面クロミフェンの副作用として、子宮内膜が薄くなり受精卵を着床させづらくすることもあります。

hMG・rFSH注射法

クロミット法で効果が見られなかった場合や採卵数を増やしたい場合に用いられます。
採卵数は1~10個と多くなり、妊娠率が高くなりますが、薬剤の副作用で卵巣過剰刺激症候群になる可能性もあるというデメリットもあります。

クロミフェン法+hMG・rFSH注射法

クロミフェン法にhMGとrFSH注射を合わせた方法で、採卵数をもっと増やしたい場合に用いられます。
平均採卵数は1~15個なので、メリットに多くの胚凍結が出来るということもありますが薬剤の副作用の可能性は増えることになります。

アンタゴニスト法

排卵はあるけれど卵子の成長が未熟であるなどの人に対して効果的です。卵胞の育成を一時的に抑えておいて採卵めがけて育成させるといったものです。
排卵誘発剤の量が少ないので副作用のリスクは低くなり、排卵のコントロールがしやすくなるメリットがあります。
反面卵胞の育成をおさえすぎてしまうと未成熟になるデメリットもあります。

ショート法

卵巣機能が低下してきた人や、働いていることで通院時間をとれないといった人に適しています。
GnRHアゴニスト製剤を使用し卵子の成長を一時止め、採卵に合わせて成熟させていくという方法になります。

ロング法と似た治療法なのですが、薬を使う期間が少し短いだけのものです。
排卵誘発剤を減らせるメリットと卵胞の質が落ちてしまう可能性があるというデメリットがあります。

ロング法

GnRHアゴニスト薬剤の投与するタイミングがショート法よりも前となるため採卵までの時間が延びます。
採卵できる卵子数も多いのでスタンダードな方法となります。

ただし卵巣機能の落ちている人には適さないデメリットがあります。また刺激が強いため、卵巣が腫れたり、下垂体が通常通り働くまでに時間がかかる場合があります。

体外受精に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

採卵に使われる主な薬剤

卵子を成熟させる薬

  • クロミフェン製剤
  • ゴナドトロピン製剤
  • シクロフェニル製剤

排卵させやすくする薬

  • hCG製剤
  • GnRHアゴニスト製剤
  • GnRHアンタゴニスト製剤
  • アロマターゼ阻害剤
  • hMG・rFSH注射薬
  • エストロゲンリバウンド

採卵するときは痛い?

採卵時は麻酔を使用します。
全身麻酔を使うところもありますが、ほとんどが局所麻酔か静脈麻酔です。
点滴の中に注入したり座薬やガスなど投与方法もさまざまです。

施術中はほとんど痛みを感じることはなく、お腹を切開することもないので麻酔が切れた後も傷の痛みなどはありません。
穿刺するので多少の出血はありますが、施術の数時間後には普通に体動できます。

採卵費用はどのくらい?

採卵の費用はクリニックや病院によっても異なり、卵巣刺激法の選択や麻酔方法によっても費用は大きく変わってきます。

採卵手技費は2個までとすれば60000円程度ですが、麻酔や診療代を含めると13,000円~170,000円程度となります。

採卵するまでには受診料や検査費もかかり、卵巣刺激法では200,000円前後が別途となりますので、体外受精全般であれば高額になることを把握しておくことが良いと思われます。

まとめ

体外受精に臨む際には、赤ちゃんが欲しいという気持ちがあれば痛みは覚悟という人達も多いのかもしれません。
しかし採卵までの苦痛を薬剤の投与法や手法などで減らすことも可能と思われます。信頼できる病院を選び、医師や家族との打ち合わせを綿密に行いましょう。
一人で痛みに耐えるのではなく、新しい命の誕生までは多くの人々の協力を得られるように環境づくりから始めることが大切ですね。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。