高齢者は食中毒に注意

65歳以上の人は若い頃よりも免疫が低下している可能性が高く、食中毒になるリスクも高まります。

高齢になると、身体に以下のような変化がみられるといわれています。

  • 消化管に食物が留まる時間が長くなるため、細菌に繁殖する時間を多く与えることになります。
  • 肝臓や腎臓が、有害な細菌や毒素を十分に除去できなくなることがあります。
  • 消化管の細菌を抑制する胃酸が十分に産生されなくなります。
  • 高齢になると食中毒リスクを高める慢性疾患にも罹りやすくなります。

情報元:foodsafety.gov

治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年11月27日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。