太っているとドライアイ症状を感じにくい?――JPHC-NEXT研究

 BMIが高い人は、ドライアイ症状を訴える確率が低いというデータが報告された。国立がん研究センターなどによる次世代多目的コホート研究(JPHC-NEXT研究)によるもので、詳細は「Eye & Contact Lens」8月号に掲載された。

 ドライアイは、涙の乾きなどの異常により、目の表面の健康が損なわれ、目の不快感が生じる疾患。スマートフォンの長時間利用や、コンタクトレンズ装用者の増加などによって、国内でもドライアイ患者が増加している。

ドライアイに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 近年、ドライアイの発症や進行には角膜の知覚低下が関与していることが明らかにされた。また、肥満に伴い末梢神経障害を生じることがあり、それがドライアイの病態に影響し得るかという点についても現在、関心が広がっている。海外からはBMIとドライアイとの関連を調査した疫学研究の結果が複数報告されているが、結果は一致していない。また、これまでのところ、地域住民を対象とした大規模な疫学研究は報告されていない。

 今回発表された研究の対象は、2011~2016年に、JPHC-NEXT研究の対象地域に居住していて研究参加に同意した40~74歳の地域住民8万5,264人。BMIを算出し7群(14.0~18.9、19.0~20.9、21.0~22.9、23.0~24.9、25.0~26.9、27.0~29.9、30.0~39.9)に分類し、性別にドライアイ有病率を比較した。なお、BMIは、体重(kg)を身長(m)の二乗で除した値のこと。BMI25以上は肥満と判定される。

 研究開始時のアンケート調査から、目の乾燥感や異物感を「いつも感じる」「時々感じる」と回答した人、または「ドライアイと診断されている」と回答した人をドライアイ患者と定義したところ、全体の23.4%がこれに該当した。性別に見ると男性16.4%、女性29.1%であり、女性の有病率の方が高かった。

 ドライアイの発症に影響を及ぼす可能性のある因子(年齢、ディスプレイ視聴時間、喫煙習慣、飲酒量、居住地域、教育歴、収入、および女性では女性ホルモン補充療法の実施歴)を統計学的に調整後、男性、女性ともに、BMIが高いほどドライアイ有病率が低いという関連が認められた。

 具体的には、BMIが最も低い群を基準として、男性ではBMI30.0~39.9の群ではドライアイのオッズ比(OR)が0.7であり、有病率が有意に低かった。また、BMIが1大きいごとにOR0.98(95%信頼区間0.97~0.99)という有意な用量反応関係が認められた。女性では、BMIが最も低い群を基準とすると、他の群はすべて有意に有病率が低く、BMIが1大きいごとにOR0.97(同0.97~0.98)という有意な用量反応関係が認められた。

 この結果から著者らは、「BMIが高い群ではドライアイの有病率が低いことが分かった」と結論付けている。このような関連が生じる背景として、肥満などが原因となって末梢神経障害が起こると、ドライアイの主症状である目の痛みや不快感を感じにくくなる可能性が考えられるという。また、BMIが高い群では、ドライアイのリスクである、パソコンや携帯電話のディスプレイ視聴頻度が「全くない」と答えた人の割合が多かったことも、理由の一つではないかとしている。

 なお、本研究は横断研究であるため因果関係には言及できない。著者らは、「BMIとドライアイとの因果関係を明らかにするには、今後、ドライアイの発症を追跡調査する前向きコホート研究が必要」と述べている。

肥満症のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

肥満という言葉を耳にして、あなたはどんなイメージを抱くでしょうか?
今回は肥満が原因となる疾患『肥満症』の危険度をセルフチェックする方法と一般的な肥満との違いについて解説していきます。

肥満症の危険度をセルフチェック!一般的な肥満との違いは?

参考情報:リンク先1リンク先2
HealthDay News 2021年9月21日
Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。