塩分を控えるコツ          

食事中の塩分量を減らすように意識している人は多いでしょう。しかし、特に加工食品には多くの塩分が含まれがちです。その対策を紹介します。

  • まず、基本的には生鮮食品を使用し、塩を加えずに調理しましょう。
  • 缶詰または冷凍ものの野菜など、加工された食品を用いるときは「食塩不使用」の表示があるものを選びましょう。
  • 各メーカーの製品のナトリウム含有量を食品ラベルで確認し、比較しましょう。
  • ツナなどの缶詰製品は、水ですすぐと塩分量を減らすことができます。
  • 治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    情報元:米国立心肺血液研究所(NHLBI)
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。