生理の周期と女性ホルモンの関係性とは? 女性ホルモンの美容効果を探る

女性ホルモンについて

生理の周期に女性ホルモンが関係していることをご存じでしょうか? 女性ホルモンと聞くと、美容効果を思い浮かべる方も多いかと思います。今回は生理と女性ホルモンの関係性と、女性ホルモンによる美容効果についてお伝えします。
  1. 1. はじめに
  2. 2. 女性ホルモンの2つの役割と効果
  3. 3. 生理の周期と女性ホルモンの関係性
  4. 4. 女性ホルモンを増やすことは可能?
  5. 5. まとめ

はじめに

女性の生活の一部ともいえる生理ですが、どうやら生理の周期には女性ホルモンが関わっているようです。

今回のテーマは生理と女性ホルモンの関係についてです。

女性ホルモンには、女性にとって嬉しい美容効果が期待されます。
この記事を読めば、女性ホルモンと美しさの関わりがわかるはずです。
ぜひチェックしてみてください。

女性ホルモンの2つの役割と効果

「美しさの秘訣は女性ホルモン」とちまたで耳にしますが、女性ホルモンとは何でしょうか?
実は女性ホルモンは、女性の一生を通して体・心・脳など、さまざまなところ影響する物質の総称なのです。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2つに分けられます。

エストロゲンは、別名「美のホルモン」といわれるほど女性にとってなくてはならないものです。
例えば、子宮内膜を厚くする効果や、卵子を作り出すといった働きのほか、骨や血管を丈夫にしてくれる効果があります。

一方、プロゲステロンは「お母さんのホルモン」と呼ばれ、妊娠を維持する働きがあります。具体的には、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くしたり、基礎体温をあげたり、乳腺を発達させたりしてくれます。

女性ホルモンがきちんと分泌されると、妊娠・出産のために当然よいのですが、他にも女性に嬉しい効果が期待できるのです。

例えば、エストロゲンは肌にハリ・弾力を与えるコラーゲンやヒアルロン酸を生成してくれるので、美肌効果が期待できます。
さらに、新陳代謝も上がるので痩せやすい体へと変わります。

ただし、エストロゲンとプロゲステロンのどちらか一方が過剰分泌すると、きれいな肌は手に入りません。
お互いのバランスが必要なのです。

月経周期の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

生理の周期と女性ホルモンの関係性

生理は女性の生活の一部で、妊娠や出産に欠かすことのできない大切なものです。
しかし、厄介なことに毎月生理が近づく度にストレスを感じるのも事実です。

生理と上手くつき合っていくには、女性ホルモンについて知ることが大切といえます。

生理サイクルと女性ホルモンの関係
先ほど説明したエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが、生理の周期と関係しています。

生理の周期は人によって25日前後~38日前後とさまざまです。
この周期の違いや、生理が遅れ・早まりは、女性ホルモンの分泌量の変化によって引き起こされます。

生理は以下の4つの周期に分けることができます。

1. 卵胞期
卵胞刺激ホルモンの影響により、子宮内の卵巣にある卵胞が発育します。
徐々に卵胞ホルモンが分泌され、子宮内膜が厚くなります。

2. 排卵期
卵胞ホルモンの分泌量がピークになると、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンが分泌しはじめます。すると、卵胞が殻を破り、卵子が飛び出します。これが排卵です。

3. 黄体期
排卵後の卵胞組織が黄体へと変わり、プロゲステロンの分泌量が増加します。
受精卵の着床に備え、子宮内膜が柔らかくなります。

4. 月経期
このとき妊娠していなかったら、エストロゲン・プロゲステロンの両方とも分泌が減少します。
すると、子宮内膜が剥がれ、血液とともに体外へと排出されます。これが生理です。

卵子と精子が合わさり、受精卵が子宮内膜に着床すれば妊娠します。
そうでない場合、この周期が毎月繰り返されるのです。

月経周期の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

女性ホルモンを増やすことは可能?

先ほど簡単にエストロゲンは美肌効果があるとお話ししましたが、ここではそれ以外のエストロゲンの効果と、女性ホルモンを増やすことはできるのかについて詳しく解説します。
エストロゲンの効果
・女性らしい曲線の体をつくる
エストロゲンには女性らしい体にする効果があります。また、乳房の発達を促してくれます。

4. 月経期・妊娠を助ける
エストロゲンは妊娠に必要なホルモンです。卵胞の熟成を促すだけではなく、精子が子宮に入りやすくするためにも大切です。

・骨粗しょう症を防止する
エストロゲンには、骨を破壊するといわれる破骨細胞を抑制し、カルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にする効果があります。

女性ホルモンの分泌を増やしたい
これほど効果があるなら、女性ホルモンをさらにたくさん分泌させたいものです。
しかし、本当にそのような方法があるのでしょうか?

女性ホルモンは、動物が子供を産むためや、健康な体を維持するために分泌されます。
そして、生涯分泌される女性ホルモンの量は、ティースプーン1杯ほどだといわれています。

また、分泌量は30歳前後でピークを迎え、その後徐々に減少し、50歳になるとほぼ分泌されなくなります。年齢とともに分泌量が減っていくため、増やしていくことはできません。

無理やり女性ホルモンを増やすと体に支障が出ることもあるので、おすすめできません。

まとめ

今回の記事を通して、生理と女性ホルモンについて少しでもご理解いただければ幸いです。女性ホルモンは女性にとってなくてはらないものです。

美容効果が期待されますが、本来は妊娠のために必要な物質です。
無理に増やそうとすると、危険が伴うこともあります。

大切なのは、エストロゲン・プロゲステロンのバランスなのです。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。