クローン病で治療中の方を対象とした治験サイト

Produced by SearchMyTrial.

クローン病で治療中で治療中のみなさまへ。
クローン病の重症度が中等症から重症で、今までの
治療の効果が不十分だった方へ。治験のご紹介です。
※治験参加には条件がございます。ご応募された全ての方が参加できるわけではありませんので、予めご了承ください。
クローン病で治療中で治療中のみなさまへ
※治験参加には条件がございます。ご応募された全ての方が参加できるわけではありませんので、予めご了承ください。
クローン病とは? なぜ起こるの?
クローン病とは? なぜ起こるの?
クローン病とは? なぜ起こるの?のイメージ クローン病は炎症性腸疾患の一つです。炎症性腸疾患とは大腸、小腸などに炎症や潰瘍が起こる疾患で、クローン病のほかに潰瘍性大腸炎などがあります。 このうち、クローン病は、口腔にはじまり肛門にいたるまでの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍が起こり、それらの病変により腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じる病気です。

身体の免疫機能が働きすぎてしまうことが関係しているといわれていますが、クローン病の原因はまだ明らかになっておりません。
クローン病は炎症性腸疾患の一つです。炎症性腸疾患とは大腸、小腸などに炎症や潰瘍が起こる疾患で、クローン病のほかに潰瘍性大腸炎などがあります。 このうち、クローン病は、口腔にはじまり肛門にいたるまでの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍が起こり、それらの病変により腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じる病気です。

身体の免疫機能が働きすぎてしまうことが関係しているといわれていますが、クローン病の原因はまだ明らかになっておりません。
クローン病とは? なぜ起こるの?のイメージ
クローン病の主な症状について
クローン病の主な症状について
腹痛や下痢、粘血便や血便などの大腸の症状のほかに、発熱や吐気・嘔吐、貧血などの全身症状が起こる場合もあります。また、多くの場合、長期にわたって、症状が改善したり(寛解)、悪化したり(再燃)を繰り返します。
クローン病の主な症状についてのイメージ
腹痛や下痢、粘血便や血便などの大腸の症状のほかに、発熱や吐気・嘔吐、貧血などの全身症状が起こる場合もあります。また、多くの場合、長期にわたって、症状が改善したり(寛解)、悪化したり(再燃)を繰り返します。
クローン病の主な症状についてのイメージ
クローン病の重症度が中等症から重症で、今までの治療の効果が不十分だった方はお問い合わせください。 ※事前アンケートではご自身が参加条件を満たしているかの簡易チェックが行えます。
クローン病の重症度が中等症から重症で、今までの治療の効果が不十分だった方はお問い合わせください。
現在の治療法について
現在の治療法について
クローン病の治療としては、内科治療(栄養療法や薬物療法など)と外科治療があります。内科治療が主体となることが多いのですが、腸閉塞や穿孔、膿瘍などの合併症には外科治療が必要となります。
●栄養療法・食事療法●
経腸栄養
完全中心静脈栄養
低脂肪・低残渣の食事
●外科治療●
小範囲の切除や狭窄形成術など
●内科治療●
5-アミノサリチル酸製薬(ペンタサやサラゾピリンなど)、
副腎皮質ステロイド(プレドニゾロンなど)
免疫調節薬(イムランなど)
生物学的製剤(レミケードやヒュミラなど)
血球成分除去療法
●内視鏡的治療●
内視鏡的に狭窄部を拡張する治療
現時点ではクローン病を完治させる根本治療は確立しておらず、治療の目的は再燃を抑えて疾患活動をコントロールし、臨床的寛解を維持することとされています。
クローン病の治療としては、内科治療(栄養療法や薬物療法など)と外科治療があります。内科治療が主体となることが多いのですが、腸閉塞や穿孔、膿瘍などの合併症には外科治療が必要となります。
●栄養療法・食事療法●
経腸栄養
完全中心静脈栄養
低脂肪・低残渣の食事
ライン
●外科治療●
小範囲の切除や狭窄形成術など
ライン
●栄養療法・食事療法●
経腸栄養
完全中心静脈栄養
低脂肪・低残渣の食事
ライン
●内科治療●
5-アミノサリチル酸製薬(ペンタサやサラゾピリンなど)、
副腎皮質ステロイド(プレドニゾロンなど)
免疫調節薬(イムランなど)
生物学的製剤(レミケードやヒュミラなど)
血球成分除去療法
現時点ではクローン病を完治させる根本治療は確立しておらず、治療の目的は再燃を抑えて疾患活動をコントロールし、臨床的寛解を維持することとされています。
今回の治験内容について
今回の治験内容について
今回の治験内容についてのイメージ 今回の治験の目的は、活動期クローン病の患者さんに治験薬を使用してもらい、
その病気に効果があるかどうか、安全に使用できるかどうかを確かめることです。
今回の治験の目的は、活動期クローン病の患者さんに治験薬を使用してもらい、その病気に効果があるかどうか、安全に使用できるかどうかを確かめることです。 今回の治験内容についてのイメージ
主な検査内容とスケジュール
主な検査内容とスケジュール
身長・体重・血圧・脈拍・心電図・採血・採尿
大腸内視鏡検査・結核関連検査(胸部レントゲンなど)


事前に決められた診察日時に通院いただくことになります。日時は一部調整いただくことが可能です。
詳細は、治験参加のために受診いただく医療機関のスタッフとご確認いただくことになります。
身長・体重・血圧・脈拍・心電図・採血・採尿・大腸内視鏡検査・結核関連検査(胸部レントゲンなど)

事前に決められた診察日時に通院いただくことになります。日時は一部調整いただくことが可能です。
詳細は、治験参加のために受診いただく医療機関のスタッフとご確認いただくことになります。
参加条件について
参加条件について
参加条件の内容
参加条件の内容
治験(臨床試験)とは?
治験(臨床試験)とは?
クローン病とは? なぜ起こるの?のイメージ 治験薬がやがて「薬」として認められれば、同じ病気で悩む多くの患者さんたちの治療に役立ち、将来の方々に良い薬を残すという社会貢献ができます。治験は厚生労働省が定めた基準(医薬品の臨床試験の実施の基準:GCP)に従って行われます。治験を行う先生から患者さんに治験について十分ご説明し、患者さんがその内容を理解された上でご本人の意思により治験に参加することができます。
治験薬がやがて「薬」として認められれば、同じ病気で悩む多くの患者さんたちの治療に役立ち、将来の方々に良い薬を残すという社会貢献ができます。治験は厚生労働省が定めた基準(医薬品の臨床試験の実施の基準:GCP)に従って行われます。治験を行う先生から患者さんに治験について十分ご説明し、患者さんがその内容を理解された上でご本人の意思により治験に参加することができます。
クローン病とは? なぜ起こるの?のイメージ
治験に参加するメリットについて
治験に参加するメリットについて
安全面も配慮され、病気のこと・治験のことについて専門医から詳しい説明・指導を受けられます。また、治療費負担の軽減により安心して治療に向き合えるようになり、回復に向けた環境作りに取り組みやすくなるはずです。
メリット
最新の医療を受けるチャンスがあります。
詳細な検査を受けることにより、病気の状態を正確に知ることができます。
専門医による診察なので安心・丁寧です。
治験期間中の検査費用の負担が軽減されます。
※診察料、通常使用されている薬剤費やその他の処置の費用は、通常の健康保険制度に従いご自身でご負担していただくことになります。
安全面も配慮され、病気のこと・治験のことについて専門医から詳しい説明・指導を受けられます。また、治療費負担の軽減により安心して治療に向き合えるようになり、回復に向けた環境作りに取り組みやすくなるはずです。
治験に参加するメリットについてのイメージ
※診察料、通常使用されている薬剤費やその他の処置の費用は、
通常の健康保険制度に従いご自身でご負担していただくことになります。
治験参加までの流れについて
治験参加までの流れについて
まずは「アンケートに答えて応募する」のボタンをクリックして、事前アンケートにお答えください。
お住いの地域から近い医療機関を選び、申し込みは完了です。その後、専門の治験コーディネーターさんから
ご連絡が来ますので、本治験に関する詳しい説明を受けることができます。
まずは事前アンケートで参加条件の確認を行います。対象だった場合、希望施設から連絡が来ます。
治験コーディネーターさんからいくつか質問があり、問題がなければ事前検診へ。
予約した日程に指定の病院で事前検診を受診します。その結果で合否が確定します。
治験参加者として適していた場合、そこから治験がスタートします。
治験参加までの流れについてのイメージ
クローン病の重症度が中等症から重症で、今までの治療の効果が不十分だった方はお問い合わせください。 ※事前アンケートではご自身が参加条件を満たしているかの簡易チェックが行えます。
クローン病の重症度が中等症から重症で、今までの治療の効果が不十分だった方はお問い合わせください。
治験サイト「smt」について
治験サイト「smt」について
smtとは、日本で実施されているほぼ全ての治験やその他の臨床試験情報から患者様に適したものを日本にある全ての試験情報データから参照、マッチングしている日本初のWEBサービスです。
smtは臨床試験一般公開情報である、JAPIC、UMIN、Clinical.gov、JAMCCTなど日本にあるほぼ全ての試験情報データから参照。また、豊富な500種類以上の臨床試験情報を検索できます。
郵便番号と疾患名検索で、お近くの治験・その他臨床試験情報を簡単に探せます。また、その他条件でソートできる詳細検索機能付き。
簡易的な5問ほどのWEBスクリーニングで医療機関の治験コーディネーターさんにお繋ぎいたします。
※WEBスクリーニング後は、実際にお電話等でのヒヤリング、来院予約などが必要となります。
事前に希望ジャンルの治験、その他臨床試験情報、地域のご希望を登録していただければ、皆様に合った条件が整った際にメールで優先的にお知らせできます。
smtは臨床試験一般公開情報
クローン病の重症度が中等症から重症で、今までの治療の効果が不十分だった方はお問い合わせください。 ※事前アンケートではご自身が参加条件を満たしているかの簡易チェックが行えます。
クローン病の重症度が中等症から重症で、今までの治療の効果が不十分だった方はお問い合わせください。
株式会社 Buzzreach
〒141-0021 品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前
info@buzzreach.co.jp