[うつ症状]で治療中の方を対象とした治験サイト

Produced by SearchMyTrial.

クローン病で治療中で治療中のみなさまへ。
治療の選択肢の1つとして、治験を考えてみませんか?
クローン病で治療中で治療中のみなさまへ
うつ症状が続いている方を対象とした治験のご紹介です。※参加条件がございます。
参加希望の方は、まず事前WEBアンケートにお答えください。
ご自身の症状が参加条件を満たしているかどうかの簡易チェックを行うことができます。
うつ症状が続いている方を対象とした治験のご紹介です。
参加希望の方は、まず事前WEBアンケートにお答えください。
ご自身の症状が参加条件を満たしているかどうかの簡易チェックを行うことができます。
こんな症状でお悩みを抱えていませんか?
こんな症状でお悩みを抱えていませんか?
セルフチェックをしてみましょう。
気分が落ち込む、憂うつになる、または悲観的な気持ちになる
カラダが重く、疲れた感じがする、または気力が湧かない
寝付きが悪い、途中で目がさめる、または逆に眠り過ぎる
物事に対してほとんど興味がない、または楽しめない
会社や学校に行くのがつらい
前はできていた家事ができなくなった
上記のような症状が一時的でなく、毎日のように2週間以上続いている場合は、もしかしたらうつ病かもしれません。
なお、このセルフチェックは、あなたの状態への気づきのきっかけであり、医師による診断を代用するものではありません。
気になる状態が続く場合は、医師にご相談ください。
セルフチェックをしてみましょう。
気分が落ち込む、憂うつになる、または悲観的な気持ちになる 気分が落ち込むイラスト
上記のような症状が一時的でなく、毎日のように2週間以上続いている場合は、もしかしたらうつ病かもしれません。
なお、このセルフチェックは、あなたの状態への気づきのきっかけであり、医師による診断を代用するものではありません。
気になる状態が続く場合は、医師にご相談ください。
うつ病とは
うつ病とは
うつ病とは、憂うつな気分や気分が落ち込む抑うつ気分を主な症状とします。
さらに、興味や関心が無くなる、不安や焦りを感じる、食欲が無くなる、眠れなくなるなどの症状が続き、日常生活にも支障をきたす精神の疾患です。
うつ病は、脳の働きに何らかの問題が起きた状態であると考えられています。
主な症状について
主な症状について
<こころの症状>
憂うつ、気分が沈む、悲しい、不安な気持ちになる、自分を責める、
イライラする、元気がない、仕事などに集中できない、趣味や好きなことが楽しめない、死にたくなることがあるなど

<からだの症状>
眠れない、食欲がない、体がだるい、疲れやすい、性欲がない、頭痛がする、肩こり、動悸がする、胃の不快感がある、便秘がち、めまいがする、口が渇くなど
現在の治療法について
現在の治療法について
まず他の病気や、現在服用中の薬がうつ状態に影響を与えていないかを確認します。
影響を与えている可能性がある場合は、その病気の治療を変更したり中止するなどし、うつ症状に変化がないかを確認しながら、治療を進めていきます。他の病気がうつ状態に影響を与えていない場合や他に病気がない場合は、薬剤治療等を検討します。
※うつ病にも様々な症状があり患者さん個々に合わせて使用する薬や治療法は異なります。医師と相談の上、治療を進めていきます。
①休養①休養
①休養

ゆっくり脳や体を休ませることが治療の基本になります。

②薬物療法②薬物療法
②薬物療法

・抗うつ薬:
うつ病は、脳の神経細胞の働きに異常が生じることで起きると考えられています。
そのため、抗うつ薬は、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の働きを高め、うつ病の症状を改善します。これらの薬を服用することで神経の情報伝達をスムーズにすると考えられています。
抗うつ薬は、原則として1つのタイプの薬で4〜8週間治療し、効果があるかどうかを見定めます。
効果がなければ、ほかの種類に薬を切り替えていきます。

以下のタイプがあります。
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬) 
三環系抗うつ薬、
四環系抗うつ薬、
その他 
抗不安薬・睡眠導入薬:不安感が強い、眠れないなどの症状に応じて服用することがあります。

③精神療法・カウンセリング③精神療法・カウンセリング
③精神療法・カウンセリング

医師やカウンセラーなどが、患者さんと対話を重ねながら、症状を改善する方法を患者さんと一緒に探していきます。精神療法には認知行動療法や対人関係療法などがあります。
抗うつ剤の治療と並行して行われることも多いです。

うつ症状が続いている方を対象とした治験のご紹介です。※参加条件がございます。
参加希望の方は、まず事前WEBアンケートにお答えください。
ご自身の症状が参加条件を満たしているかどうかの簡易チェックを行うことができます。
うつ症状が続いている方を対象とした治験のご紹介です。
参加希望の方は、まず事前WEBアンケートにお答えください。
ご自身の症状が参加条件を満たしているかどうかの簡易チェックを行うことができます。
今回の治験内容ついて
今回の治験内容ついて
<目的>
現在のうつ症状に対して、抗うつ薬を服用したことがない方を対象に、治験薬の有効性及び安全性を評価する治験です。
過去に治療していて治った方、抗うつ薬の治療を受けていても1種類の薬であれば参加いただける可能性があります。
<目的>
現在のうつ症状に対して、抗うつ薬を服用したことがない方を対象に、治験薬の有効性及び安全性を評価する治験です。
過去に治療していて治った方、抗うつ薬の治療を受けていても1種類の薬であれば参加いただける可能性があります。
今回の治験内容ついてのイメージ
<治験薬について>

この薬は、今までのうつ病の薬とは異なる作用で、抗うつ効果を示すことが期待されています。
その作用とは、脳内にあるGABA(ギャバ)A受容体と呼ばれる受容体に結合し、はたらきを強くすることです。
GABA A 受容体は、脳の神経活動を調節する蛋白質の 1 つです。
脳の神経細胞の表面にあり、GABA A 受容体のはたらきが強くなると脳の神経活動を抑えるブレーキのような役割をします。経口のカプセル剤です。
治験薬かプラセボどちらかを服用していただきます。どちらを飲んでいるかは、わからないようになっています。

※プラセボとは、有効成分を含まない薬剤のことです。プラセボは薬を服薬することによる期待感などの心理的な影響を除き、効果(有効性)と安全性を正しく評価するために必要です。


<スケジュール>

約4ヵ月間で13回程度、指定の医療機関へ通院していただきます。

検査スケジュール

事前検査/確認期間: 7~28日間:1回通院
治験薬を服用する日数: 14日間:4回通院
治験薬を飲まずに経過観察をする日数: 77日間:8回通院
<主な検査内容>

■診察及び検査の内容
医師の診察・問診、身長・体重測定、妊娠検査、血液検査、尿検査、血圧・脈拍測定、心電図、呼吸機能検査
※妊娠検査は、該当するかたのみ尿検査で行います。

■特殊な内容
・睡眠日誌の入力にと音声分析にご協力をお願いします。
睡眠日誌とは、あなたの睡眠の状況を確認するために、タブレット端末を用いて以下の内容をご入力頂きます。
音声分析とは、あなたの声の状態とうつ病の状態の関係を調べるために、診察時にタブレット端末を用いて行う調査のことです。音声は保存されますが、あなたのプライバシーを守るため、固有の番号・記号で管理されます。

参加条件
参加条件
18 歳以上74歳までの日本人の方
うつ症状が2ヶ月以上続いているかつ、1年未満である方
治験薬を1 日 1 回 14 日間,夕食後に服薬することができる方
治験薬を服用している間(14日間)とその前後1週間は
アルコールを飲まないことが可能な方
プラセボを服用する可能性があることにご了承いただける方
※その他にも満たさなければならない基準がございます。
まずは事前WEB アンケートをお試しください。
参加条件の内容

<ご参加頂けない条件>

 現在のうつ病のために一定の治療を行っているにも関わらず効果が認められない方
 うつ病以外の精神疾患に罹患している、または罹患したことがある方
 強い自殺願望がある方あるいは過去1年以内に自殺行動を起こした方
 妊娠中、授乳中、または治験期間中に妊娠を希望される女性やパートナーの妊娠を希望される男性
 睡眠時に無呼吸になるなど、呼吸に問題を抱えている方

治験に参加するまでの流れ
治験に参加するまでの流れ
まずはWEBアンケートで参加条件の確認を行います。
条件を満たした方は、後日、臨床心理士と電話による面談があります。
この治験への参加をお願いする可能性のある方には、治験を行っている医療機関を受診していただきます。
※WEBアンケートの最後で、臨床心理士との電話面談の希望日を選択してください。
医療機関は同じ所に通院いただくため無理なく通院できるところを選択してください。
実施医療機関への初回診察の日程を決めたり、事前に必要書類などを確認するため、担当の治験コーディネーターと連絡を取っていただきます。
※連絡の方法は後日お知らせします。
実施医療機関で、診察やこの治験に関する詳しい説明を受けていただき、同意説明文書へご署名いただくと治験がスタートします。
WEBアンケート

まずはWEBアンケートで参加条件の確認を行います。

臨床心理士と電話

条件を満たした方は、後日、臨床心理士と電話による面談があります。

治験への参加

この治験への参加をお願いする可能性のある方には、治験を行っている医療機関を受診していただきます。
※WEBアンケートの最後で、臨床心理士との電話面談の希望日を選択してください。
医療機関は同じ所に通院いただくため無理なく通院できるところを選択してください。

実施医療機関

実施医療機関への初回診察の日程を決めたり、事前に必要書類などを確認するため、担当の治験コーディネーターと連絡を取っていただきます。
※連絡の方法は後日お知らせします。

同意説明文書

実施医療機関で、診察やこの治験に関する詳しい説明を受けていただき、同意説明文書へご署名いただくと治験がスタートします。

うつ症状が続いている方を対象とした治験のご紹介です。※参加条件がございます。
参加希望の方は、まず事前WEBアンケートにお答えください。
ご自身の症状が参加条件を満たしているかどうかの簡易チェックを行うことができます。
うつ症状が続いている方を対象とした治験のご紹介です。
参加希望の方は、まず事前WEBアンケートにお答えください。
ご自身の症状が参加条件を満たしているかどうかの簡易チェックを行うことができます。
治験(臨床試験)とは?
治験(臨床試験)とは?

治験(臨床試験)とは? 「薬のこうほ」が「薬」として一般的に使うことができるようになるために、患者さんに使っていただき、どれくらい効き目があるか、どれほど安全なのかを確かめる試験のことをいいます。
治験実施医療機関の担当医師から患者さんに、治験について十分説明し、内容をご理解いただいた上で、ご本人の自由意思により治験に参加いただくことができます。
※治験に参加している間は理由に関係なく、ご自身の意思で、いつでも参加をやめることができます。その後、その他の治療を開始いただくことができます。

薬のこうほ」が「薬」として一般的に使うことができるようになるために、患者さんに使っていただき、どれくらい効き目があるか、どれほど安全なのかを確かめる試験のことをいいます。
治験実施医療機関の担当医師から患者さんに、治験について十分説明し、内容をご理解いただいた上で、ご本人の自由意思により治験に参加いただくことができます。
※治験に参加している間は理由に関係なく、ご自身の意思で、いつでも参加をやめることができます。その後、その他の治療を開始いただくことができます。

治験(臨床試験)とは?
治験に参加するメリットについて
治験に参加するメリットについて
安全面も配慮され、病気のこと・治験のことについて専門医から詳しい説明・指導を受けられます。
メリット
最新の医療を受けるチャンスがあります。
詳細な検査を受けることにより、ご自身の病気の状態を知ることができます。
専門医が丁寧に診察します。
治験に参加するメリットについて
うつ症状が続いている方を対象とした治験のご紹介です。※参加条件がございます。
参加希望の方は、まず事前WEBアンケートにお答えください。
ご自身の症状が参加条件を満たしているかどうかの簡易チェックを行うことができます。
うつ症状が続いている方を対象とした治験のご紹介です。
参加希望の方は、まず事前WEBアンケートにお答えください。
ご自身の症状が参加条件を満たしているかどうかの簡易チェックを行うことができます。
株式会社Buzzreach 〒141-0021 東京都品川区上大崎2丁目15−19 MG目黒駅前
contact@buzzreach.co.jp