更年期障害とは?原因や症状そのメカニズムは?

誰でも経験することになる更年期。更年期障害はこの時期に肉体的、精神的に不調をかかえる病気のことをさします。更年期と呼ばれる時期は、生理(月経)の時期も含め、閉経前後する10年の歳月のことをさしており、時期は多少前後はしますが、初潮と同じように閉経の時期も個人差がありタイミングも異なりますが、一つの年齢的な目安として、45歳から55歳ぐらいの時期を主に更年期といった総称の呼び方をします。

更年期は、加齢とともに女性ホルモンは年々減少し、主にホルモンの一つエストロゲンの影響が密接に関係していて、卵巣機能が40代前後で急激に低下していきます。
この体のメカニズムの変化についていけないことにより「更年期障害」がおこります。
若年性などの言葉も色々ありなる可能性は誰でも等しくあり、女性だけではなく別のメカニズムではありますが男性も発症の可能性を秘めています。

更年期障害に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
更年期障害の不調の症状はどういったものがあるの?

身体の温度が急激にあがりほてりを感じたり、多汗、突然の大量の汗をかいたり、気分の落ち込みやイライラ。めまいや倦怠感など症状は人それぞれまったく感じない人もいれば、重度に症状が重くのしかかることもあります。
頭痛や手足のしびれ、耳鳴りや動機などどういった症状が実際この時期に発症しやすいのかも個人差もあり全部を発症する人もいれば、ごく一部、またはまったく発症しない人もいます。
精神的な症状や肉体的な症状を更年期という言葉ではひとくくりにするのは難しく、更年期の時期に、脳の視床下部、下垂体(かすいたい)の体のメカニズムに働きかけ指令を出しますが女性ホルモンのエストロゲンの低下でうまく伝わらなくなります。
その指令に対して脳が混乱をきたし、自律神経にも悪影響を与え、それに伴い体に不調症状がでるようになります。
通常は昼間は仕事もスムーズに行うための自律神経(緊張状態の集中モード)が活発に、夜間は副交感神経(リラックスや睡眠を司る神経)が交互にバランスよく正常な人は機能していますが、更年期の自律神経への働きにより、過敏に自律神経が刺激されて、副交感神経よりも優位に働く状態が継続。そうなってしまうと、副交感神経の働きが鈍くなりリラックスや体を修復する自然治癒力の効果が落ちてしまい、身体が様々な不調を感じるようになります。

身体に症状をきたした時は診断を受けてどういった問題があるのかきちんと知っておく必要があります。サプリメント、漢方、薬など緩和することもでき、いつまで続くの?かと悩んで不安を抱えてしまうよりは、上手に付き合っていくように考えるのも良いかもしれません。

更年期障害の基本情報についての詳しい解説はこちら

更年期及びそれに伴う更年期障害という言葉をニュースなどで耳にする機会も多くあると思います。だれでも訪れる更年期という期間ですが、必ずしも何か症状が起きるわけではありません。更年期のメカニズムを詳しく解説しています。

更年期障害に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。