更年期障害の注意点と簡易チェック。感情の起伏がある症状

更年期障害という言葉はテレビやニュースで取り上げられ最近、耳にすることが増えてききています。認知度としては広く知られていると思いますが「名前は知ってるけど…」と詳しい症状まで知っているけど、どういったことを注意すればよいのか詳しく解説していきます。

更年期障害の多い年代

更年期障害は、多くが50歳前後、女性でいう閉経が起こる時期になる方が多いと言えます。
誰でもがなる可能性のある更年期障害。その症状やチェック方法、注意点をあげていきます。

なぜ更年期障害が起こるのか?原因と判断方法

更年期障害の症状として自律神経に関連するもの多い傾向があり、これは、男女ともにホルモンバランスが崩れることによって起こるとされていることが大きく影響しているといわれています。

更年期障害に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

自律神経の乱れにより、身体の暑さや寒さを異常な程に感じやすくなったり、精神の落ち着きを乱れさせてイライラしたり突然悲しみだしたりとネガティブな感情を抱きやすくなったりする症状が現れ、男性は男性ホルモンのひとつであるテストステロン、女性は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少によって症状が起因となり現れるとこのホルモンの分泌の減少と閉経が重なることが多いので、「更年期障害」というと女性の病気だと勘違いしている方も多いですが、実は男性にも更年期障害は起こりうる可能性もあります。

もし、いつもと違う…と思うことが増えてきたら以下でまとめたチェックリストを参考に自分の症状を見てみるのもよいかもしれません。あくまでもチェックなので長くおかしいと感じることが該当すれば病院へ行くのが何より最善です。

更年期障害が引き起こす症状例

抜け毛が増える
イライラしやすい
以前よりも痩せたor太った
寝つきが悪い、眠れない
耳鳴り、頭痛、めまいがある
記憶力や判断力の衰えを感じる
動悸、息切れすることがある
吐き気や腹痛がある
腰、肩、手足や背に痛みを感じる
トイレが近くなった
以前よりも疲れやすくなった
憂鬱な気持ちになりやすい
汗をかきやすくなった
のぼせる、ほてる(ホットフラッシュ)
肌がカサカサする
手足が冷えやすくなった

上記で上げた内容は、更年期になっていても殆ど感じない方もいれば、日常生活をしていくことが困難になるレベルまで重症化してしまう方もいます。ならないために注意することは普段の食べ物やサプリなどの健康面で回避できる人もいれば、まったく効果がない人もいます。
対策・改善・対処法も病院の診断で異なりますが、当人はいつまで続くのと不安になっていたりわかっていても感情が抑えられないといった状態であることもあります。何より更年期障害は、家族が理解してあげること。これが非常に大切であるといえます。

更年期障害の基本情報についての詳しい解説はこちら

更年期及びそれに伴う更年期障害という言葉をニュースなどで耳にする機会も多くあると思います。だれでも訪れる更年期という期間ですが、必ずしも何か症状が起きるわけではありません。更年期のメカニズムを詳しく解説しています。

更年期障害に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。