乗り物酔いを予防するには         

旅行などで経験する乗り物酔いは、ちょっとした対策で予防することができます。

米国小児科学会によると、乗り物酔いは、内耳、目、四肢の神経などの動作を感知する部位から相反する信号を脳が受け取ったときに生じます。主な症状はめまいや胃のむかつきで、嘔吐することもあります。

乗り物酔いを予防するには以下の点に注意しましょう。
  • 胃が空っぽの状態で乗り物に乗らないようにしましょう。軽食を取り、空腹感を軽減しましょう。
  • 乳製品や胃もたれする食べ物は避け、クラッカーなどの軽い物を選びましょう。
  • 話をしたり、音楽を聴いたりして気を紛らわせましょう。
  • 車の外の地平線に焦点を合わせましょう。
  • 車が動いているときに本、iPad、その他のモバイル機器を見るのはやめましょう。
  • 酔い止め薬を飲むとめまいや吐き気を緩和できますが、口の渇きや眠気などの副作用もあります。
治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

情報元:米国小児科学会(AAP)
HealthDay News 2017年8月23日
Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。