テレビの健康番組を見る高齢女性は死亡リスクが低い? 東大研究グループ

テレビの健康番組を見る高齢女性は、そうでない女性に比べて死亡率が10%低いことが、東京大学客員研究員の佐藤豪竜氏らが実施した研究で示された。一方、高齢の男性、活字メディアやインターネットから得た健康情報については、こうした関連は見られなかったという。研究の詳細は「Social Science & Medicine」1月号に掲載された。

 健康情報への一般の高い関心を受け、現在では、新聞や雑誌の記事、テレビ番組、インターネット、友人や知人など幅広い情報源から多くの情報を得ることができる。これまでの研究で、健康情報に接することで健康的な食習慣に変えたり、禁煙したり、医療機関を受診するといった行動変容がもたらされることが知られている。しかし、健康情報と死亡率との関連を明らかにした研究は行われていなかった。

健康意識に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 佐藤氏らは今回、2013年に実施された日本老年学的評価研究(JAGES)に参加した65歳以上の男女1万8,242人(男性8,544人、女性9,698人)を3年間追跡したデータを用いて、メディアごとの健康情報の入手状況と死亡率との関連について調べた。参加者には、過去1カ月以内に(1)テレビのニュース番組、(2)テレビの情報番組、(3)新聞や一般雑誌の記事、(4)健康や医療について特集した雑誌、(5)行政からのお知らせ、(6)インターネットといった情報源別に、健康情報を入手したか否かを尋ねた。なお、参加者は全員、要介護認定を受けていなかった。

 平均3.2年間の追跡期間中に、956人が死亡していた。情報源を「テレビ番組」「新聞や雑誌などの活字メディア」「インターネット」の3タイプに分けて分析した結果、テレビ番組から健康情報を入手していた女性では、そうでない女性に比べて死亡率が10%低いことが分かった(ハザード比0.90、95%信頼区間0.83~0.98)。一方、男性やその他のメディアに関しては、健康情報の入手と死亡率との間に有意な関連は認められなかった。なお、分析では2013年時点の人口統計学的要因や社会経済的要因、健康状態、健康的な生活習慣の影響を考慮した。

 佐藤氏らは、この研究結果は健康番組を見ると死亡率が下がるという因果関係を証明するものではないことに留意すべきとしながらも、「テレビの健康番組を見る傾向がある高齢の女性は死亡率が低いことが示された」と結論づけ、健康番組などの情報の精度を向上させることが必要ではないかと述べている。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2019年3月18日
Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。