痛みを感じない家族に共通の遺伝子変異、疼痛緩和の手がかりに

イタリアのある家族は、不思議なことに痛みとは無縁の生活を送っている。

英ロンドン大学(UCL)ウォルフソン生物医学研究所のJames Cox氏らは、この家族の遺伝子解析を実施し、共通の遺伝子変異があることを突き止めたと「Brain」2017年12月13日オンライン版に発表した。
同氏らは「新たな鎮痛薬の開発につながる知見」としている。

Cox氏らが今回、遺伝子解析を実施したのは78歳の女性とその娘2人、さらに孫3人の三世代にわたるMarsili家の6人。Marsili家の人たちは熱傷を負っても骨折しても痛みを感じず、唐辛子の辛さも感じないという。
しかし、全身に痛みを感じるための神経が走っていることは確認されている。
「ただ、これらの神経は正常に働いていない」とCox氏は説明する。

鎮痛薬に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

同氏らがこの家族6人の遺伝子解析を実施した結果、全員にZFHX2遺伝子の変異があることが分かった。
また、Marsili家の一家と同様のZFHX2遺伝子の変異があるマウスを作製して高温による痛みを与える実験を行ったところ、痛みに対する感覚が失われていることが明らかになったという。

慢性疼痛の患者数は多く、全人口の10%が中等度から重度の慢性疼痛に苦しんでいると推定されている。
治療が難しい場合も多く、中毒性のあるオピオイド鎮痛薬に救いを求める患者もいる。
Cox氏らは「Marsili家のように一部の人で痛みを感じにくい原因を解明することで、安全に慢性疼痛を治療できる新薬の開発につなげられるかもしれない」としている。

この研究論文の共著者であるシエナ大学(イタリア)のAnna Maria Aloisi氏は「今回の研究で同定された遺伝子変異が痛みの感じ方にどのように影響しているのか、また他にも痛みの感覚に関与する遺伝子があるのかどうかについて、今後さらなる研究が必要だ。
それによって新たな鎮痛薬の開発で何を標的とすべきかが明らかになるだろう」と付け加えている。

(HealthDay News 2017年12月14日)

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年12月14日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。