妊娠中期に多い下痢の原因と対処法

妊娠中期の下痢について

妊娠中は悩まされることの多い便秘や下痢などの便事情ですが、妊娠中期の下痢について特徴や対処法についてまとめました。
  1. 1.はじめに
  2. 2.妊娠中期の下痢や腹痛の特徴
  3. 3.下痢の対処法
  4. 4.下痢がひどい場合の注意点
  5. 5.まとめ

はじめに

つわりなど体調の不安定な妊娠初期を超えて体調が安定してくる妊娠中期ですが、そんな頃に起こりがちなのが下痢症状です。
症状がひどいと早産なども心配になってしまうと思いますので、今回は妊娠中期の下痢の特徴や対処法などをまとめてみました。

妊娠中期の下痢や腹痛の特徴

妊娠中の下痢は、妊娠初期・中期・後期とそれぞれの時期によって主な原因が異なります。
今回は妊娠中期の下痢について、妊娠中期の特徴とそれによって起こる下痢について説明します。

1.ホルモンバランスの変化
妊娠中には、『プロゲステロン』というホルモンが通常よりも多く分泌されます。
このホルモンが妊娠を継続させるために働いているのですが、それと同時に腸の働きを抑制する効果もあり、それが下痢の原因につながってしまいます。

2.つわりが落ち着き、食欲が増す
妊娠初期のつらいつわりが落ち着いてくると、だいたいの方は食欲が増してきます。そうすることで食べたものを胃腸が消化しきれなくなり、下痢を起こしてしまいます。

妊娠に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

3.免疫力の低下
妊娠中は免疫力が低下しています。そのため、食中毒や細菌感染を起こしやすく、下痢になりやすい体になってしまいます。

4.消化機能の低下
妊娠中期以降は、子宮がだんだん大きくなってくることで胃腸を圧迫してしまいます。そうすることで胃腸の働きが低下し、消化不良を起こし、下痢になってしまいます。

これらの特徴を理解することで日頃から気を付けられることもあり、妊娠中期の下痢をある程度予防することができます。

下痢の対処法

妊娠中は基本的に自己判断で市販の薬を飲むことは控えたほうがよいので、下痢症状がひどいときや長く続くときは、早めに病院を受診しましょう。
胃腸の症状なので、内科を受診するのもよいですが、基本として妊娠があるので、まずは検診を受けている産婦人科を受診するのが安心かもしれません。

そうはいっても、妊娠中期は上でも述べた通り、下痢を起こしやすい状態でもあるので、まずは自分で次のようなことをして様子をみてみてもよいかもしれません。

1.水分補給をする
下痢のときは、体に必要な水分も便と一緒に体外に出てしまうので、脱水状態になりやすくなります。
ママが脱水状態になると赤ちゃんにもよくない影響がでてしまうことがあるので、こまめに常温か温かい飲み物を飲むように意識しましょう。

2.体を温める
妊娠中期の下痢の原因で多いのが、冷たいもののとりすぎです。つわりが落ち着き、食欲が増してくることや、ホルモンバランスの乱れ、皮下脂肪が増えることから暑く感じやすくなり、冷たい飲み物やアイスなどを食べたくなる方が多いようです。
しかし、冷たいものを摂り過ぎると胃腸の刺激になり、下痢を起こしやすくなるので、摂り過ぎには注意して温かいものを飲むようにしたり、クーラーなどで体が冷えすぎないように腹帯をするなどしてお腹を温めるようにしましょう。

3.食生活に気を付ける
冷たいものを摂り過ぎないようにすることももちろんですが、それ以外にも食生活の中で下痢のときに気をつけておきたいことがあります。
まずは、消化のよいものを食べるようにすることです。揚げ物や脂肪の多い肉などは控え、うどんや野菜スープなど胃腸に負担のかかりにくい食事をするようにしましょう。

また、カレーや唐辛子など辛い物は胃腸への刺激になりますし、生野菜も胃腸を冷やしてしまうので控えるようにしましょう。
逆に、ヨーグルトやリンゴ、納豆などは腸を整え、丈夫にしてくれる食材なので積極的に食べるようにしてみましょう。

妊娠に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

下痢がひどい場合の注意点

妊娠中期に多少の下痢症状があることは、さほど心配なことではありませんが、次のような症状がある場合は注意が必要です。

1.続く水下痢や嘔吐を伴う下痢
下痢といっても軟便であったり、短期の水下痢であればあまり心配はいりませんが、水下痢が日をまたいで続いたり、嘔吐を伴ったりする場合には食中毒やウイルス感染を疑う必要があります。
妊娠中は免疫力が低下しており、通常以上に感染を起こしやすいので、このような症状がある場合にはすぐに病院を受診しましょう。

2.発熱を伴う下痢
発熱を伴う下痢の場合は、インフルエンザやその他の感染症が考えられます。
高熱が続くとママの水分が奪われ、赤ちゃんへの栄養供給も不足してしまうので、この場合もすぐに病院を受診しましょう。

3.規則的な腹痛を伴う下痢
下痢の際は腹痛を伴うことが多いですが、この腹痛が規則的であったり、お腹の張りである場合には、子宮が収縮している場合があり、切迫早産の可能性もあるので注意が必要です。受診している産婦人科の医師の判断を仰ぎましょう。

4.不正出血を伴う下痢
妊娠初期の不正出血はよくあるものですが、妊娠中期の不正出血は切迫早産の可能性があります。下痢に伴う痔による出血と間違ってしまうこともありますが、不正出血が疑われる場合には産婦人科を受診するようにしましょう。

まとめ

妊娠中期の下痢は異常がなくても起こる症状であり、通常はすぐに心配するようなことはありません。しかし、症状が長く続く場合や下痢と一緒に気になる症状がある場合には、ママのためにも赤ちゃんのためにも早めに病院を受診するようにしましょう。
また、下痢だけでなく妊娠中はちょっとしたストレスが体の不調として現れることも多いので、なるべくリラックスした状態で過ごせるよう心がけましょう。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。