妊娠中にインフルエンザに罹ったら

インフルエンザは普段から危険な状態をもたらしうる疾患ですが、妊娠中はさらに警戒する必要があります。女性は誰でも毎年ワクチンを接種することが推奨されています。

それでも妊娠中にインフルエンザに罹ってしまったら、以下のように適切に対処しましょう。

  • できる限り早く治療を始めましょう。抗ウイルス薬は発症から48時間以内に使用すれば最も高い効果を発揮します。
  • 抗ウイルス薬を使用すると症状が早くよくなるだけでなく、母体や胎児の深刻な合併症を予防することができます。
  • 医師から経口薬オセルタミビル(タミフル)の服用を勧められることがあります。この薬については十分な研究が実施されています。
  • 妊娠中の発熱と先天異常リスクの関連が認められています。発熱がみられる場合は、すぐに医師に相談しましょう。

情報元:米疾病対策センター(CDC)

インフルエンザに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年12月12日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。