妊娠中の携帯電話使用、胎児の脳への影響みられず

妊娠中に携帯電話で通話しても、胎児の脳の発達に悪影響はないとするノルウェーの母子約4万5,000組を対象とした研究の結果が「BMCPublicHealth」9月5日オンライン版に掲載された。

この研究では、妊娠中に母親が携帯電話を使用しても、その後生まれた子どもが3歳および5歳になった時の言語能力や運動能力への影響は認められなかったという。

今回の研究を実施したノルウェー公衆衛生研究所のEleniPapadopoulou氏によると、以前報告された研究結果を受け、携帯電話などから放出される電磁波が胎児に悪影響を与える可能性が懸念されてきた。
ただ、これらの研究は多くが動物実験で、結果も一貫していないという。

妊娠に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

そこで同氏らは、1999年から2008年までに登録された妊娠中期の女性とその子ども計4万5,389組のデータを用い、妊娠初期の携帯電話を使用した通話の頻度と子どもの3歳および5歳の時点の言語能力やコミュニケーション能力、運動能力を評価した。

その結果、3歳時点の評価では、妊娠中に携帯電話を使用していなかった母親から生まれた子どもと比べ、使用していた母親から生まれた子どもでは、複雑な文を話せないリスクが27%、正しい文法で話せないリスクが14%低く、中等度の言語発達遅滞がみられるリスクも31%低かった。

さらに、運動能力の低下リスクについても、妊娠中に携帯電話を使用していなかった母親から生まれた子どもと比べ、使用していた母親から生まれた子どもでは低かった。
ただし、5歳時点の評価ではこのような関連は認められなかったという。

この研究結果は因果関係ではなく、関連を示しているに過ぎないが、Papadopoulou氏は「今回の観察研究では妊娠中の携帯電話の使用が胎児の言語やコミュニケーション、運動の能力に悪影響を与えるとする仮説を支持する結果は得られなかった」と説明。

また、むしろ妊娠中に携帯電話を使用していた母親から生まれた子どもの方が、発達レベルが高かったとする結果に関しては、「今回の研究で考慮されなかった社会的背景や家庭環境が影響した可能性もあり、慎重な解釈が必要だ」とした上で、「少なくとも妊娠中の携帯電話の使用について母親が抱いている不安を軽減する結果といえるだろう」と話している。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年9月5日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。