体の大きい男性は悪性度の高い前立腺がんになりやすい?

男性は身長や腹囲が大きいほど悪性度の高い前立腺がんになるリスクが高く、それにより死亡リスクも高いことが、新たな研究で示された。身長が10cm高くなるごとに、進行した前立腺がんになるリスクは21%、前立腺がんで死亡するリスクは17%増大し、腹囲(ウエスト周囲長)が10cm増えるごとに、同リスクは13%、18%増大することが分かったという。

 研究を率いた英オックスフォード大学のAurora Perez-Cornago氏は、「この結果が肥満予防の新たな推進力となるはずだ」と述べている。今回の研究は、がんと栄養に関する大規模研究に参加したヨーロッパ8カ国の約14万2,000人のデータを分析。平均で約14年間にわたる追跡期間中に、約7,000人が前立腺がんと診断された。そのうち726人は悪性度の高いがん(グリソンスコア8以上)、1,388人は進行したがんであり、934人ががんにより死亡した。

 これまでの研究でも、前立腺がんと身長や体重との関連は認められていたが、がんの悪性度への影響を評価した研究は今回が初めてだという。今回の研究では、身長の高さは前立腺がんの全体的な発症リスク、低・中悪性度の前立腺がんリスクには関連していなかったが、高悪性度の前立腺がんおよびそれによる死亡リスクへの影響が認められた。同様に、体格指数(BMI)と腹囲も高悪性度の前立腺がんリスクに関連していた。

 今回の研究は因果関係を明らかにするものではないが、米国がん協会(ACS)のVictoria Stevens氏によると、身長によるがんリスクの増大は、幼少期の栄養状態に関連する可能性が考えられるという。一方、肥満と前立腺がんの関連については、肥満が体内のホルモンに影響を及ぼす可能性があるほか、単純に肥満の人ではがんを早期に発見しにくいことが考えられる。肥満の男性は直腸診の実施が難しく、前立腺特異抗原(PSA)検査の信頼性も低くなると、同氏は説明している。

前立腺がんに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 では、長身や肥満の男性は前立腺がんの検診をより頻繁に受けるべきなのだろうか。Perez-Cornago氏は、「長身の男性はがんリスクを低減する手立てがないため、入念な検診を受けるべきかもしれない。一方で、肥満の男性は減量に努めるのがよいだろう」との考えを述べている。一方、Stevens氏は「前立腺がんの多くは致死的なものではない。そのため、全ての男性に検診を実施する価値があるのか、専門家の間で再検討されている」と指摘している。

 今回の研究は「BMC Medicine」に7月12日オンライン掲載された。

Abstract:リンク先
HealthDay News 2017年7月13日
Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。