思春期の子どもとの接し方

10代前半は子どもにとって情緒的にも身体的にも難しい時期です。

ホルモンが変化して思春期に入ると、子どもは自分の体の変化を意識し、人からどう思われているかをしきりに気にするようになることもあります。
そんな時期の子どもに対する親としての接し方について、ヒントを紹介します。

  • 薬物、飲酒、喫煙、性などの難しいテーマについて話すときは、子どもに対して正直かつ率直な姿勢でいるようにしましょう。
  • 子どもの友達と知り合いましょう。
  • 子どもの学校生活にも関心をもちましょう。
  • 健全な選択ができるよう子どもを手助けしながら、自分で決めるように促しましょう。
  • 子どもの意見を尊重しましょう。子どもにとって親はきちんと話を聞いてくれる存在であると認識されていることが大切です。
  • 意見が対立したときは、目標を明確にした上で、その目標をどのように達成するかは子どもに決めさせましょう。

情報元:米疾病対策センター(CDC)

治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2018年1月8日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。