第5回「糖尿病レシピコンテスト」、最終選考進出校が決定

日本糖尿病協会が主催する「第5回チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」の最終選考に参加するチームが発表された。

書類審査を通過し、実技審査に進むのは、盛岡大学(岩手県)や川崎医療福祉大学(岡山県)、滋賀県立大学(滋賀県)など12校14チーム。最終選考は9月23日の東北会場を皮切りに全国3地区で行われ、最優秀賞などを決定する。

2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

コンテストは「おいしい、バランスの良い手作りごはんで、健康&幸せ家族を目指そう!」をテーマに、糖尿病の予備群や患者向けの朝食・昼食・夕食用レシピを募集した。
応募対象は、栄養士や管理栄養士を目指す学生で、若い世代の糖尿病への関心を高めることを目的としている。

2014年の開始から第5回を迎えた今回は、栄養士や管理栄養士を目指す学生から241件(学校数で47校)の応募があった。
また、今回から地域とのつながりを深めるために、最終選考を東北と九州、関西の3地区の会場で実施し、地区ごとに優秀賞を決定する。
入賞したレシピは前回と同様に、11月12日より始まる「全国糖尿病週間」で広く一般に配布される予定だ。

糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

参考情報:リンク先
HealthDay News 2018年9月3日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。