睡眠時無呼吸のセルフケア     

睡眠時無呼吸は、睡眠中に呼吸が短時間止まってしまう疾患です。この疾患があると、起きているときに疲労や体力の消耗がみられることがあります。以下のポイントを踏まえてしっかりケアしましょう。

睡眠時無呼吸に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

・定期的に医師の診察を受け、治療が効いているか確認しましょう。
・体重増加を避けましょう。健康的な体重を維持すれば、睡眠時無呼吸による合併症のリスクを低減することができます。
・睡眠時無呼吸による疲労があるときに、車や重機を運転すると危険な場合があることを理解しておきましょう。
・治療用のマウスピースを使用している場合、定期的に歯科医の検診を受けましょう。

情報元:米国立心肺血液研究所(NHLBI)
HealthDay News 2017年6月16日
Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。