子宮筋腫かもしれない?自分でできる自覚症状のチェック方法

子宮筋腫は、命の危険性のリスクが限りなく低い病気ではありますが、それを放置することで生理時(月経時)の血の量が増えたりすることで異変を感じて検診などにより発覚するケースが多いようです。

子宮筋腫という病気は、子宮にできる良性の腫瘍のことをさし、子宮内膜症は子宮外の場所で出来る状態を子宮内膜症という病名をさします。

どの原因自体は正確に医学では実証されているわけではありませんが、初潮前には発症しないことを考えると女性ホルモンが大きく関係しているのではないかと言われています。

子宮筋腫の臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

子宮筋腫の自分でできるセルフチェックは?

 

先にも上げましたが子宮筋腫による症状は、初期の段階ではあまり気づきにくく人によっては無自覚のままる程度の大きさになってから判明することが多いようです。

どういった症状が該当するのかいくつかあげてみます。

 

・生理の出血量が多い 生理周期が乱れる

 

いわゆる過多月経。月経が10日以上継続し出血量が多く、血液の塊が出るなどの症状は注意が必要です。筋腫による影響と内膜の圧迫による影響と考えらている一つの原因といえます。

 

・過多月経による貧血

上記の過多月経による出血量が多くなってしまうため、鉄欠乏性貧血。植物やサプリメントから鉄分を摂取しますが、血の量が多いとふらふらするめまいなどを引き起こすケースもあります。

 

・生理痛 月経痛 おならのニオイ 等

月経時に排出行動をし子宮が収縮することにより、筋腫がある部分が圧迫され重い生理痛になるケースがあります。特に筋腫が大きくなるにつれて月経痛だけでなく、他の臓器を圧迫することで、頻尿や腰痛、お腹の痛み(下腹の痛み)、便秘になる。排便に影響することでおならのニオイが少し違う。くさくなるなどのケースもあるので、長期に続くようになれば注意する必要があります。

あくまでもこれらは自分で判断・自己診断をする上での方法です。ただし自分自身は医師ではないので、こういった症状がいくつも重なるようであれば検査を行い、原因を調べるというのも大切です。やはり適切な検査による診断が何よりも確実です。

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報

参考サイト:12345
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。