正しい靴選びで転倒を防ぎましょう     

65歳以上の高齢者では、転倒で亡くなる人は少なくありません。米国政府が実施した2014年の調査の結果によると、転倒により年間280万人以上が救急治療室で治療を受け、2万7,000人が死亡しています。

 しかし、正しく靴を選べば転倒の防止に役立ちます。靴を買いに行くときは、以下の点を考慮して安全な靴を選びましょう。

  • 靴を押してみて、かかとの部分が曲がったり、中央部がねじれたりしないかを確認しましょう。
  • 試し履きをするときは、普段よく履いている靴下を履いた状態で試しましょう。
  • 靴を買うときは毎回足のサイズを測り直しましょう。大人でも足のサイズが変わることは珍しくありません。
  • 履き心地がよく、安定していると感じられる靴だけを買いましょう。
治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

情報元:米国足病学協会(APMA)
HealthDay News 2017年8月10日
Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。