スポーツによるけがを防ぐ

スポーツによるけがを確実に予防する方法はありません。しかし、リスクを低減するためにできることがあります。

スポーツによるけがの多くは、特定の関節や筋肉の使い過ぎによるものです。以下の助言に従って、けがを予防しましょう。

  • 週に1日は休養を取り、身体を回復させましょう。
  • 各スポーツに適した防具を身につけましょう。
  • スポーツの前後には必ずストレッチをして柔軟性を高めましょう。
  • 痛みのあるときはスポーツを休みましょう。
  • 運動の前、途中、後に水分を摂取しましょう(水が望ましい)。

情報元:米国小児科学会(AAP)

スポーツに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年9月29日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。