心筋梗塞は夏の夜に増加する 日照時間が関与か、国際共同研究で解明

急性心筋梗塞の発症時刻には日照時間が強く関与しており、日照時間が長い夏は他の季節と比べて日中の急性心筋梗塞の発症数が減少し、夜間にシフトして増加することを、京都府立医科大学循環器内科の西真宏氏らの国際共同研究グループが明らかにした。

また、日光を浴びると合成されるビタミンDの血中濃度が急性心筋梗塞の発症に関与している可能性も示された。
詳細は「Journal of the American Heart Association」4月6日オンライン版に掲載された。

これまでの研究で、急性心筋梗塞の発症数は日中に多く夜間に減少し、冬に増えて夏に減少するといった季節変動もみられることが知られている。
このように、急性心筋梗塞の発症には環境や天候などの要因が影響する可能性が報告されているが、季節によって変化する概日リズムが急性心筋梗塞の発症に影響を及ぼすのかどうかは明らかになっていない。
研究グループは今回、特に発症数が減少する夏に注目し、急性心筋梗塞の発症数と季節による概日リズムとの関連について調べる国際共同研究を行った。

対象は、日本、イタリア、英国、フィンランド、中国、シンガポール、オーストラリアと緯度が異なる地球両半球の計7カ国で、2004~2014年にST上昇型急性心筋梗塞を発症した患者計2,270人。

まず、日中(6時~18時)と夜間(18時~翌朝6時)における急性心筋梗塞の発症数の差〔(日中発症数-夜間発症数)/夜間発症数×100〕を夏とそれ以外の季節に分けて解析した結果、参加国のほとんどで日中と夜間の発症数の差が夏に大きく減少していることが分かった。

心筋梗塞に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

研究グループは「この結果は夏には他の季節と比べて日中の急性心筋梗塞の発症数が減少し、夜間にシフトして増える『サマーシフト』という現象がみられることを示している」と説明している。
なお、このサマーシフトはフィンランドや英国など北極に近い国では差が小さくなることも分かった。

次に、可照時間が一年を通して一定で四季の影響がないシンガポールのデータを用いて、日中と夜間の急性心筋梗塞の発症数の差と環境や天候の要因との関連を解析したところ、日照時間と急性心筋梗塞の発症数の差は強い負の相関を示した。

一方で、降水確率や雨、落雷、雷雨といった曇天に関わる天候指数は正の相関を示すことが明らかとなった。
このことから、研究グループは「急性心筋梗塞の発症時刻には天候(曇天)を考慮した日照時間が影響していると考えられ、晴れた日は急性心筋梗塞の発症は夜間にシフトすることが分かった」と述べている。

さらに、研究グループは日照時間に依存するビタミンDの合成量が急性心筋梗塞の発症時刻に与える影響について調べるため、フィンランドの日中と夜間の急性心筋梗塞発症数の差と、同じ緯度に位置するスウェーデンの対象者で測定した血清25(OH)D濃度の関連について解析した。

その結果、両者は負の相関を示したことから、研究グループは「この結果から、日照時間が長くなり、ビタミンDの合成量が増えると日中と夜間の急性心筋梗塞数の差が減少し、急性心筋梗塞の発症は夜間にシフトすることが読み取れる」と説明している。

研究グループによると、急性心筋梗塞の発症と季節による概日リズムの関係について検討した報告は今回が初だという。
同グループは「今回の国際共同研究で、急性心筋梗塞の発症時刻と日照時間は密接に関係し、特に夏は他の季節と比べて夜間の発症数が増えることが明らかとなった。

また、日照によるビタミンDの合成量が急性心筋梗塞の発症に関与していることも分かった」と結論。
救急医療システムを季節や時間帯に応じて整備することで、効率的なスタッフの配置や医療費削減につながる可能性があり、また、ビタミンDを標的とした心筋梗塞の予防薬や診断マーカーの開発につながることが期待されるとしている。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2018年4月23日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。