「6歳未満はトランポリンで遊ばせるべきでない」米学会が注意喚起

トランポリンで遊ぶのは楽しく運動にもなるが、子どもには極めて危険な場合もあると、米国整形外科学会(AAOS)が保護者に対して注意を喚起している。特に6歳未満の子どもは負傷するリスクが高いため、トランポリンで遊ばせるべきではないという。

 米国内の病院ではトランポリンによる負傷者の治療件数が2015年だけで29万5,000件を超える。このうち約10万3,000件は救急部門での治療だった。

 AAOSのスポークスパーソンである小児整形外科医Jennifer Weiss氏は「特に夏には、子どもたちに体を動かすことを楽しんでほしい」としつつも、「両親や保育者はトランポリンの危険性を知り、重傷を負う可能性があることを理解しておく必要がある」と話している。特に6歳未満の幼児は、トランポリンで安全に飛び跳ねるために必要な筋肉の協調運動や身体意識(body awareness)、すばやく反応する能力が十分に発達していないため、危険性が高まるという。

 トランポリンに関連して最も多くみられる負傷は捻挫と骨折で、トランポリンのマット、フレーム、スプリング上での転倒、他人との衝突、技の失敗、トランポリンから地面などの硬い面への落下によって起きる。

治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 トランポリンを安全に使用するために、AAOSは以下の点を注意するよう勧めている。

  • 6歳未満の子どもにはトランポリンを使わせない。子どもが誰も見ていないときに使わないように、使用後はトランポリンの梯子を外しておく。
  • 一度に2人以上でトランポリンに乗らない。
  • 定期的に道具を点検する。すり切れたり壊れたりしている場合は、交換用の部品を入手するか使用をやめる。
  • 負傷予防のための安全ネットで囲えば安心というわけではないことに留意する(ほとんどの負傷はトランポリンの上で起きる)。手すりやマット、周囲の着地面が十分にパッドで保護され、良好な状態であることを確認する。
  • 体育の授業や体操競技、飛び込みの練習などでトランポリンを使う場合、大人による監督と適切な安全対策、指導が重要である。
  • トランポリンの使用中は監視員を置く。宙返りなどのリスクの高い技は、適切な監督と指導、ハーネスなどの保護装置がない限りさせてはならない。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

情報元:リンク先
HealthDay News 2017年7月29日
Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。