子宮筋腫の悩み。一人で悩むより医師の診断が最善策

子宮筋腫と診断されることで、不安なことが頭から思い浮かび、ついつい悩み続けてしまうかもしれません。もちろん誰であっても病名が確定されると、未知の病気だからこそ心配事も大きくなるといえます。今回は、悩みのタネを少しでも払拭できるように、色々な悩みの心配事を解説していきます。

子宮筋腫の悪性の可能性。命のリスク

子宮筋腫自体は良性の腫瘍。それ自体は特に過度に心配することなく、特に言われている悪性への変化については、確率的には限りなく0パーセントに近い、1パーセント未満なので、子宮筋腫になってしまったから…命の危険性を過度に心配することもありません。有茎粘膜下筋腫、漿膜下筋腫、粘膜下筋腫、筋層内筋などさまざまなケースはありますが、どれも病院に通っていれば症状や痛みの根本的な治療が行えるため、大切なことは放置しない。これがさまざまな症状を回避することができる最善策といえます。

子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
妊娠しにくいと聞くけど…

妊娠がしにくいといわれていますが、できる箇所によっては多少着床する確率も変わってしまいますが、子宮筋腫によることで妊娠ができないわけではありません。もちろんすべての症状はできる限りは医師の診断の元、見守ってもらえる環境下がベストです。理想としては子供を作ろうと思った際、事前に検査を受けることで子宮筋腫と合併して妊娠をするということは避けられる可能性が非常に高いです。

過多月経や貧血に悩まされる

子宮筋腫の症状に過多月経による出血量の増加。体内の血液が不足することで起きえる症状といえます。止血剤などの治療も有効的ですが、体質改善、ストレスをため込まないなど予防策や改善策はいろいろとることができます。医師の判断によりますが、あまりにもひどい症状の場合は子宮筋腫の切除も検討するのもよいかもしれません。
もちろん薬物療法、漢方やツボ、鍼灸など治療の併用を用いることで体内の治癒力を高めたりすることで筋腫も小さくなるといったケースもあるので、自分に合わせた治療方法を用いるのが良いでしょう。

子宮筋腫自体は恐ろしい病気ではありません。女性であれば数人に1人というほど身近な病気です。ただ一番怖いのは、何もしない。何かと理由をつけて放置してしまうと、大きくなればなるほど、命を落とすリスクこそ少ないものの激痛を伴ったりなどの症状も引き起こすということも十分ありますので、無理のない定期的な経過観察で通院するのが最良であるといえます。

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。