子宮筋腫体験談、生理(月経痛)の痛み。定期健診がきっかけ

子宮筋腫に気づいたきっかけ。診断を受けた時の気持ち。治療体験談。治療費がいくらかかるのか?治療を受けた感想。気を付けていることや体験者のアドバイスを掲載しています。
  1. 1.病気に気づいたきっかけ
  2. 2.どのような診断を受けたのか?
  3. 3.どのような治療をおこなったのか?
  4. 4.治療費はいくらだったのか?
  5. 5.治療を受けてから感じた変化
  6. 6.診断を受けてから気を付けていること
  7. 7.他の患者さんにアドバイス

病気に気づいたきっかけ

正直仕事が忙しくて、生理痛もみんなこんなもんじゃないかなと自分が特にひどい方だとも感じていませんでした。子宮筋腫に気づいたのは会社の定期健診でした。

どのような診断を受けたのか?

会社の定期健診で子宮筋腫に気づき、近くの病院に行き再検査を受けると良性の腫瘍だと判断されました。まだ小さいということで経過観察となりました。良性とか経過観察と言われたことで安心してしまい、また放置していました。

「これはまずいかも…」と思うころには生理の日数が2週間ほどになっていたこと、出血量が多くてめまいや立ちくらみなど貧血もひどくなっていました。病院で検査すると腫瘍の数がとても増えていて、子宮の大きさも普通の人の1.5倍くらいになっていました。経過観察と言われたのだから定期的に病院に行っていれば良かったと深く後悔しました。

どのような治療をおこなったのか?

両親からの後押しもあって勇気を出して手術を受けることにしました。貧血がひどかったので手術までずっと鉄分補給の薬を飲んでいました。食事も鉄分の多いもの、レバーなどを積極的に食べるようにしました。

子宮周りの手術は出血量が多いので自分の血液を事前に採取して輸血用にストックすることになりました。子宮筋腫で貧血がひどかったので採血は辛かったです。

実際の手術では腹部を開き、見つかった筋腫を取り除きました。小さいものも取り除きましたが、子宮筋腫は体質みたいなものなので再発する可能性は高いと医師に言われています。

治療費はいくらだったのか?

手術費用と入院費用で21万円ほど、さらに検査と外来を合わせた通院治療で5万円程度、合わせて26万円ほどかかりました。インターネットで調べてみると大体子宮筋腫の治療にはこの位かかるようです。

子宮筋腫の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

治療を受けてから感じた変化

治療を受けてから生理は徐々に軽くなり、1週間ほどで終わるようになりました。いま思えば子宮筋腫が大きくなったり増えたりしている間に、生理が長くなったり貧血がひどくなったり体は私に異常を知らせてくれていました。自分の体に無頓着だったことを、つらい治療を経験して実感しました。大変勉強になったと思っています。

いくら仕事が忙しくても身体が資本ですね、本当に。治療を受けてから自分の体の変化(異常)、特に生理期間については注意するようになりました。先生から再発の可能性を言われているので、注意しています。

診断を受けてから気を付けていること

子宮筋腫の原因は分からないので完全な解決策はないと先生に言われ、個人的に調べてみて血行不良が原因の1つと言われているので体を冷やさないように心がけています。過剰な警戒は生活に支障もあるし、私自身も疲れてしまうので、食事や睡眠など基本的な生活の仕方を見直した程度ですが、どんなに忙しくても自分の体をきちんとケアする気持ちを持つようになりました。

他の患者さんにアドバイス

子宮筋腫は珍しい病気ではないこと、そして腫瘍=ガンと思わないことです。子宮筋腫は基本的に良性であることが多く、治療法もきちんと確立されています。

ただ経過観察と言われたらきちんと経過を見るようにしましょう。放置、とは違うということです(私は勘違いしていました)。症状等により間隔は人によって違いますが、経過観察後そして治療が終わった後も、大体の人が半年に1回の頻度で定期的な健診を受ける様です。

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報