子宮筋腫体験談、妊娠をするための手術の選択肢

子宮筋腫に気づいたきっかけ。診断を受けた時の気持ち。治療体験談。治療費がいくらかかるのか?治療を受けた感想。気を付けていることや体験者のアドバイスを掲載しています。
  1. 1.病気に気づいたきっかけ
  2. 2.どのような診断を受けたのか?
  3. 3.どのような治療をおこなったのか?
  4. 4.治療費はいくらだったのか?
  5. 5.治療を受けてから感じた変化
  6. 6.診断を受けてから気を付けていること
  7. 7.他の患者さんにアドバイス

病気に気づいたきっかけ

生理痛がひどくなり、出血も多くなったので、病院に行くことにしました。そこで子宮筋腫が見つかったのです。元々生理不順で、ホルモンバランスが乱れたかな?と軽く考えていたので子宮筋腫が見つかりとてもショックでした。妊娠を望んでいたので、もっと早く病院に来ればよかったと後悔したのを覚えています。

どのような診断を受けたのか?

初診では、問診と内診、血液検査、超音波検査を受けました。筋腫のサイズはそこまで大きくなく、経過観察となりました。しかし、月経が経血過多で貧血状態だったので鉄剤が処方されています。副作用があるとも聞いていたので心配でしたが、私は全く感じませんでした。中には副作用に悩む人もいるようです。

どのような治療をおこなったのか?

経過観察は、三ヶ月に一度の定期検診を行いました。私は、妊娠を希望していたので子宮筋腫核手術をすることになりました。大きな筋腫ではなかったため、子宮鏡下手術ができると判断されました。まずは、薬を数週間処方され、それから手術に臨みました。

治療費はいくらだったのか?

手術・入院費用は、10万円ほどでした。薬などの費用を合わせると、15万円ほどになります。病院によっては、価格の差が大きく出ると聞いていたのでいくつかの病院をリサーチしました。

子宮筋腫の臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

治療を受けてから感じた変化

他の手術より負担が少ない手術だったので、二日後には退院することができました。手術後は、歩くと少しお腹が張るような痛みがありましたがしばらくすると一週間ほどで痛みは気にならなくなりました。ずっと悩んでいた経血過多もなくなり、生理痛も薬を飲むほどではなくなりました。

診断を受けてから気を付けていること

今までは生理不順でも気にせず、仕事や家事をしていましたが頑張りすぎるのは良くないということに気が付かされました。食生活も意識していなかったのですが、和食をメインに食べるようになりました。栄養成分を気にするようになったことで、今までどれだけ栄養が足りていなかったか、偏っていたかが初めてわかった気がします。

他の患者さんにアドバイス

子宮筋腫と知らされたときはショックを受けましたが、よくある病気のひとつということを知りました。しばらくは、もう妊娠できないんじゃないかと不安に思っていたことを思い出します。やはり受精卵が着床しにくくなったり、筋腫が卵管をふさいだりと不妊の原因にはなるようです。しかし、筋腫があっても絶対妊娠ができないというわけではありません。実際に私も無事出産することができました。

もし、妊娠を望んでいる人は早めに婦人科に行き、筋腫がないか見てもらうのをおすすめします。また、子宮筋腫があっても妊娠できないと心配しすぎてストレスをためないように注意しましょう。

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報