子宮筋腫の漢方薬~加味逍遥散・芎帰膠艾湯の効果・効能

子宮筋腫の薬物療法と並行して使われる漢方薬。いくつ処方されるうちの桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)等ありますが、今回は芎帰膠艾湯と加味逍遥散の漢方を中心にどういった効果があるのか。どういった効能があるのか詳しく解説していきます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

痛みや日々の疲れが残ったり精神的にも疲労がたまっているときに用いられる漢方薬です。不定愁訴(ふていしゅうそ)の症状、いわゆるイライラや眠れない。慢性的な疲労感があるときに処方されます。子宮筋腫に伴う過多月経による影響などによる心気症的なものが起因でおきる腰痛や頭痛、胃の痛みなどの症状を和らげるときに広く用いられるケースが多いようです。

子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)

加味逍遥散と同様に、特に体力が弱っているときに用いられる漢方薬です。過多月経、不正出血などの症状があるときに処方されるケースが多い漢方薬です。体の血のめぐり、循環をよくし貧血症状の緩和改善、神経症による冷え症で起こる身体の痛み。そして痛みを抑制する働きがある効果・効能があります。

漢方を服用する上での注意点

身体によいイメージのある漢方ですが、できれば漢方の専門医。もしくは漢方を得意としている医師の元、処方するのがベストな環境です。市販の漢方(ツムラ、クラシエetc)など大手のメーカーも出していますが、体質によっては副作用が生じる場合もあります。初めて使う際などは、特に子宮筋腫が小さくなるという情報などに惑わされず、きちんと医師の診断基準の元服用するのが良いでしょう。もちろん、漢方を専門している薬局もあり、食べ物や生活環境、日々のストレス解消法や適度な運動。治療スタイルなどのプラス要素も加わって、筋腫が小さくなるということもあるようです(個人差による)。自己判断でチェックするよりも、きちんと安心して服用できる状態が何よりなので、通常の治療で症状が重かったり、緩和したい場合は治療と併用して漢方薬を使用するのも良いかもしれません。

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。