子宮筋腫になったら入院が必要?手術後の期間などを解説

子宮筋腫と診断された場合、病状のことも気になりますが、入院したりする必要があるのかどうかもあると思います。まず初めに早期発見で、腫瘍が小さい状態であるならば、できる場所や大きさによって異なりますが、大半が手術の必要性がなく、通常であれば経過観察や薬での治療を用いられるケースが多いです。子宮筋腫ができたからといって、必ずしも入院が必要なわけではありません。医師による診断に基づくものが何より最善措置であり、一般的にはという認識ではあります。

 

入院が必要なケースは?どのようなことが想定されるのか?

先にも上げましたが通常であれば子宮筋腫が発見されたとしても入院の必要性はありません。ではどういったケースで入院が必要になるのか?

それは大きく痛みの症状がでていたり、腫瘍の規模が大きい。不妊のリスクが高まる場合は、受診される患者さんの症状によって異なります。

子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

通常は経過観察や薬の場合は入院は必要がなく、手術の必要性がある場合は、どうしても入院の必要性が出てきます。

術式(全摘出手術や腹膣鏡手術、開腹方法など)やできる箇所や大崎によって、入院にかかる時間や仕事の復帰ができるタイミングが異なります。

いくつかある症状のうち、どれが該当するのか具体的な病名に対して、細かい部分は異なりますが、通常は一部分だけの切除といったケースでは入院期間はおよそ1週間前後の入院期間が多いです。全摘出に至るのは早期に発見されていた場合はほとんどそこへ至ることはありませんが、その場合は回復や改善の傾向によって前後しますが1か月程度の入院期間が必要になります。

 

入院や手術に至らないためには早期発見が大切

初期の子宮筋腫など症状がない時に発見されることで、手術に至るリスクは最小限に抑えられます。いざ入院するとなると持ち物を用意したり、費用のことを考えたり(保険適応される治療法とされない治療法があります)しなければならず負担も大きなものへとなっていきます。手術後の仕事復帰や痛みを抱えるよりも、早い段階で見つけてしまい、そこから適切なセルフケアを行うことで症状の緩和、完全になくなるといったケースも十分可能な病気なので、一度も受けたことがない人がいたら、ご自身の身を守る上では一度は検査を受けるというのも良いと思います。

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。