子宮筋腫に痛みがある?見逃してはいけない身体のサイン

子宮筋腫による痛みが出る症状は実はある程度進行した状態であることが多いケースがあります。過敏に気づきすぐに病院で検査して発覚ということがありますが、多くの人は初期症状が特に子宮筋腫が小さいときには無症状の状態が多く、中々気づきにくいものです。定期的に婦人科検診と超音波検査などを受けてた場合、痛みのない小さな段階で気づくことができ、薬による処置や経過観察といったことも決して珍しくはありません。子宮筋腫が及ぼす痛みはどのようなものがあるのか?詳しく解説していきます。

生理痛(月経痛)

女性であれば誰もが経験するものであり、重い症状の方もいらっしゃると思いますが多くは耐えられるほどの痛みではありません。子宮筋腫ができた状態の場合、内部の子宮内の筋肉や収縮に影響を及ぼし、いつも以上に痛みが出る場合があります。

下腹部痛

普段痛まない場所が痛み出したら注意が必要です。筋腫が大きくなると出来る場所によっては腸や膀胱、尿道まで広がり子宮以外へと痛みの原因となるケースがあります。排尿時の痛みなども、尿管を収縮させてしまうことで通常のように機能することができず痛みが生じます。こういった痛みのでるケースや頻尿になるケースも考えられるため違和感を感じ始めたら病院での検査を受けるのも良いでしょう。

子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
腰痛

比較的、立ち仕事や座り仕事。月経時に腰への痛みを感じる場合も多いと思います。こういうケースは、子宮近く、骨盤周りの神経が筋腫により圧迫され痛みの症状を引き起こす場合もあります。特に生理が終わり腰痛が続く場合なども、原因の一つである可能性があります。

 

いずれのケースも中々大きくならないと気づきにくく、ちょっとした違和感で検査を受けるというのが非常に大切です。子宮筋腫が出来ている状態で多少の痛みの変化。耐えられるから平気!と放置していると、ある日激痛に襲われ、市販の痛み止めでも効かず救急車で運ばれてそのまま入院ということもあります。

日々の子宮筋腫の検査を受けることも重要ですが、ちょっとした痛み。いつもと違う痛みを感じた場合は無理に我慢するのでなく、もしもに備えて医師による診断を受けた方が良いでしょう。何もなければ安心できますし、他の病気が原因でも早期発見に繋がりやすくなります。

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。