子宮筋腫が妊娠中に発見されたときに考えるリスクとトラブル

子宮筋腫ができると妊娠前、妊娠中(妊婦)時にもリスクがあります。それは出来る場所により手術して取り除くべき症例やさまざまです。自覚症状がない初期の頃などは婦人科検診などにきちんといっていたり、超音波検査などきちんと意識的に受けないと、子宮筋腫を見逃すケースもあります。妊娠に関する子宮筋腫の情報を色々ある情報からまとめてご紹介いたします。

 

Q.子宮筋腫中は妊娠しにくいの?

A.しにくい場合があります。正確には出来る場所にもよって変わります。子宮筋腫があることで妊娠しないかというと、そういうことでもありません。妊娠できるというのは間違いはありませんが、ただ着床に影響は及ぼす多かれ少なかれ影響をきたすケースがあるということです。どうしても妊娠したい!という場合は限りなくリスク回避や確率をあげる意味でも可能性が低くなるのであれば医師の診断の元切除してしまった方が良いでしょう。

子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 

Q.妊娠中に子宮筋腫があると、流産の可能性が?

A.高まります他にも常位胎盤早期剥離、早産や前期破水など筋腫の大きさやできる箇所によりリスクは生じます。赤ちゃんは授かりもの、なるべく避けたい人は妊娠前にきちんと検査を受けておいた方が良いでしょう。子宮筋腫合併妊娠は、大きな事例をあげるのであれば胎児だけでなく、母体にまで命の危険性がある状態になることもあります。

筋腫の大きさによっては、手術で取り除くことをせず出産後に切除するという選択もあります。子宮筋腫は発症から数年経過しても大きくならないこともありますが、1年間の間にあっという間に巨大化することもあります。妊娠中に発覚したときは、医師の診断の元きちんと監視し経過を見守ることが非常に大切です。自己判断せずにこれから生まれる子供のために適切な環境下の元、病気と向き合っていくことが凄く重要です。

 

子宮内であれば問題がないケースも多いのですが子宮の入り口に筋腫ができた場合、産道を筋腫で塞いでしまい帝王切開の可能性も出てきます。痛みを少しでも避けたい方や帝王切開をなるべく回避したい方はトラブルを最大限に避けるために、妊娠をする前にきちんと検査を受けておくことをおすすめいたします。

 

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報

参考サイト:12345
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。