子宮筋腫を予防する?食べ物や飲み物の疑問について

子宮筋腫にならないためにはどういったことに気を付ければよいのか。まず初めに申し上げますと、これをすることで確実に予防できるという方法はありません。女性ホルモン、環境ホルモン、食事内容が強く原因となりえると考えられて有力な説ではあるのですが、医学的な根拠はそこにはありません。ただ、個人差にもよりますが上記のようなホルモンバランスを整えたりと、日々の生活習慣の改善に繋がったというケースもあります。

子宮筋腫の予防の必要性

子宮筋腫は良性の腫瘍で、腫瘍と聞くとだれでも不安になると思いますが、悪性への変異(子宮肉腫)する可能性は限りなく0に近い確率であります。それ自体には命を脅かすものではありませんが、筋腫が大きくなっていくと、過多月経(生理痛や出血量の増加etc)など様々な症状を及ぼす可能性もあるため、最大の予防策は定期的な検診、検査を受けること。大きくなる前に状態や症状を把握するというのが非常に大事になってきます。

子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
女性ホルモンの乱れを抑止する考えからの予防方法

女性ホルモンは日常のストレスによる影響を受けやすいため、なるべく避ける。避けれない場合は運動や規則正しい生活習慣を意識しリフレッシュする。過度に負荷をかけないというのも大切です。昼間は自律神経が優位な状態で、精神的な面でも疲れや負荷がかかり、通常の正しい身体のサイクルであれば、夜にかけて副交感神経が優位に働き体のダメージをケアしてくれる自然治癒で修復してくれます。過度な夜更かしをずっと続けていると、自律神経が活発な状態が続くため、ゆっくり体を休ませてあげることで、ホルモンバランスを整えるというのも重要です。ツボや整体でケアをしてあげるというのも有効的と考えられています。

子宮筋腫の食事に関する予防方法

子宮筋腫が小さくなる食べ物・飲み物があるといわれてものが諸説ありますが、医師によっては効果はないと否定的な意見もあります。コーヒーは良くなく、紅茶が良いなど、その事実も明確ではありません。
漢方医学の観点からは、体を温める作用のものが多く(子宮筋腫が小さくなったという事例もあるようです)、しょうがなど身体を温めるものは、血流促進など健康面にも良い影響があり、食べてはいけないものはキュウリなどの水分の多い野菜を避けた方が良いという風に言われています。

まとめ

自分で治すことが予防ができたりするのが何よりですが、子宮筋腫自体はまだまだ原因が確定できない病気です。すべてが否定的ではなく、またすべてが効果がないわけではありません。医師の診断の元、相談を受けられる環境があることが何より大切だといえます。

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。