子宮筋腫の大きさ?どれぐらいの進行スピードなの?

よく聞く女性であればよくきく子宮筋腫。良性の腫瘍ができる病気であり、女性であればなる可能性は大なり小なりあるといえます。どういったタイミングで気づくのかは、普通の人は、過多月経や月経痛に悩まされて、そういった症状が起きてから病院に行き検査を受けて2センチ、3センチで見つかるケースもあれば、異変を感じたものの仕事が忙しくてなかなか検診に行けず、気づいたときには一般的に取り除いた方が良いといわれている目明日10cm以上(実際は医師の判断に従って下さい)の大きさになっていたり、もしくは初期症状やできる箇所によっては体自体に異変がなかったものの、婦人科検診によって5cm、7cmぐらいの大きさまで無症状のまま見つからなかったケースもあったりします。

 

どれぐらいの成長スピード?進行スピードがなのか?

これも現代医学では解明はされておらず個人差の影響によるものが非常に多いといえます。一番の影響と考えられているのは女性ホルモンのエストロゲンに起因していることが有力説であるといわれており、女性ホルモンも個人によって差があるため一概に言えないといった部分があります。

人によっては数年経過してもまったく大きさが変化しない人もいる反面、ある日、突然大きくなっていき、1年も前の婦人科検診よりもかなり大きくなっていて手術に至るといったケースもあります。

女性ホルモンに関係することが有力と考えらえているのであれば、冷えや生活週間の崩れストレスが原因であるとも言えるため、今の現代社会、気を付けることはできていてもこれらをすべて回避するというのも難しいといえます。

子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 

どういった人がなりやすいの?

これも詳しくは解明されていません。ただ、初潮前には筋腫はできず、閉経後には筋腫が小さくなる傾向があるため、上記にあげた女性ホルモンに関係したこと。遺伝子レベルで元々なりやすい人、なりにくい人がいるということだけはわかっています。

人種、日本人やアメリカ人などでもこの違いがあるともいわれ、先にあげた遺伝子レベルでの話や生活習慣、食生活による影響もあるかもしれません。

食生活による影響は、肥満気味の方も通常の体系に比べて発症率が高い傾向があるとデータは発表されていますが、やはり主にこれが悪い!これが良いというのは現段階での解明は難しいようです。

 

子宮筋腫は、日々の生活に気を付けていても完璧に防ぎきることはできにくく、女性であれば発症する可能性が0%ではないという病気であるといえます。過度な不安こそ抱く必要はありませんが、定期的な婦人科検診、検査などは安心を得るためにできるだけ面倒くさがらず受けるというのも、他の病気同様に大事なことかもしれません。

 

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報

参考サイト:1234
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。