不正出血は子宮筋腫のサイン?自覚症状とその原因

不正出血の症状。通常な健康な状態であれば月経時(生理時)以外ではおりものなどに血が付くこともなく出血もありません。性行為などによる出血なども必ずしも病気が原因とも言えません。子宮筋腫による起因もありますが、特に異常と感じる自覚症状の場合はその頻度が毎回なのか。毎月、月経時以外に引き起こすのか。そういった場合は病院に行き、原因を探るため診断および検査はしておいた方が良いでしょう。
今回は子宮筋腫が原因による不正出血の原因と症状を詳しく解説していきます。

子宮筋腫による原因は筋腫分娩 粘膜下子宮筋腫が考えらえるケース

子宮筋腫による不正出血症状は、膜下子宮筋腫という子宮内の内側にできる筋腫症状があり、この筋腫により子宮筋腫がある一定の大きさに達すると、膣の近くまで下がっていき、出血症状を及ぼすことがあります。
また同時に子宮筋腫による原因の場合、上記のような不正出血症状が意外にも月経時に出血量が多くなったり、出血が止まらなくなるケースも当てはまります。これにより鉄分などの不足の影響で貧血症状を起こしたりめまいや立ち眩み症状も自覚症状の一つとして感じる人もいます。腰痛、下腹部痛など痛みの症状も引き起こすこともあります。

子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
不正出血症状は治療や手術の可能性も?

不正出血をしたからといっても必ずしも病気が原因によるものというわけでもありません。手術が必要とわけではなく、ホルモンバランスの一時的な乱れ、ストレスなどの精神的な負荷が引き起こすこともあります。ただ子宮筋腫以外にも婦人病の可能性はあるため放置するよりも、病院を受診するのは強くおすすめします。不正出血自体は誰しも引き起こす可能性がありますが、子宮筋腫や他の病気も、早期発見されれば得られる費用面や精神的、肉体的な負担軽減のメリットは大きいです。腫瘍に関しては小さくする治療、不妊症状に至らないように対処したり、万が一にも悪性へと変化した場合も命のリスクも医師の元で経過観察をしていれば不測の事態にも備えられます(良性から悪性への変化の可能性は限りなく0に違いが0ではない)

最初の自覚症状の時に病院に行くのが一番最善策ですが、もし症状が続くようであれば検査をすることを強くおすすめします。

子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

子宮筋腫に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。