「静脈瘤」の特徴は?       

静脈瘤とは、主に脚の血管にできる「こぶ」のようなふくらみのこと。見た目にも気になるものです。静脈瘤の特徴を以下に紹介します。

  • 静脈が青色または濃い紫色になっている。
  • 静脈がねじれて隆起し、まるで皮膚の下に電気コードがあるように見える。
  • 痛みや重い感じがある。
  • 静脈のあたりにかゆみや出血がある。
  • むくみや筋けいれん、拍動感、灼熱感などのみられる領域がある。
  • 長時間立ち続けたり、座り続けたりすると痛みが悪化する。
静脈瘤に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索こちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

静脈の硬化、色の変化、傷口が開く、皮膚の腫れなど危険なサインがある場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

情報元:米メイヨー・クリニック
HealthDay News 2017年7月25日
Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。