乾燥を防ぐだけじゃない!ワセリンはお肌の万能薬!

ワセリンについて

ドラッグストアなどでも購入することができ、身近な存在であるワセリン。皮膚の保湿剤としてはもちろん、私たちが知らない意外な使い方がたくさんあります。今回は、ワセリンについて種類や使用方法をまとめました。
  1. 1.はじめに
  2. 2.ワセリンとは
  3. 3.ワセリンの種類
  4. 4.ワセリンの色々な使い方
  5. 5.ワセリンでリップパック
  6. 6.まとめ

はじめに

ワセリンは、皮膚の保護、保湿を目的に、ハンドクリームやリップクリームの代わりや、ちょっとした薬の代わりに使用される、とても便利なアイテムです。

薬局やドラッグストアで購入でき値段もお手頃であるため、肌ケア用品としてとても身近な存在です。

そんな身近なワセリンですが、実はハンドクリームやリップクリーム以外にもたくさんの使い方があるのです!

そこで今回は、ワセリンの種類や違い、知っておきたい使用法についてまとめてみました。

ワセリンとは

ワセリンは、原油から抽出された成分で作られた保湿剤です。

化粧水や美容液が皮膚の表面の角質層に水分として浸透していくのに対し、ワセリンは角質層の表面にとどまって、皮膚から水分が蒸発したり、皮膚に刺激物が接触することを防ぎます。
ただし、化粧水などのように乾燥した皮膚を深くまで潤すことはできません。

ワセリンは、化粧水や美容液のあとによく使われている保湿クリームに近い存在のように考えてよいでしょう。

肌にとってプラスとなるような美容成分は含まれていませんが、逆に肌への刺激となるような添加物も含まれていないので、敏感肌にも使いやすい保湿剤です!

また、そのような性質から他の様々な薬と混ぜることで薬を薄めたり、塗りやすくするために使用されることもあります。

乾燥肌に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

ワセリンの種類

ワセリンの種類は大きく分けて2種類あります。黄色ワセリンと白色ワセリンです。

1.黄色ワセリン
白色ワセリンよりも黄色い色をしていますが、味も臭いもありません。
白色ワセリンに比べて精製度が低いため、値段が安いです。刺激物に弱い方などは顔などへの使用を控えた方が良い場合もありますが、そうでない方は白色ワセリンと同様に使用できます!

2.白色ワセリン
黄色ワセリンをさらに脱色して精製したものなので、黄色ワセリンに比べて精製度が高くなります。白色ワセリンの中にも製品によって純度や価格が異なり、主な商品を細かく分類すると3種類あります。

・白色ワセリン
代表的なものとして、健栄製薬の日本薬局方白色ワセリンがあります。いわゆる一般的な白色ワ
セリンで、黄色ワセリンより精製度が高いだけに値段も少し高くなりますが、300円/50gが相場
で、敏感肌の方でも炎症を気にせずに体中に使えるだけの精製度です。

・プロペト
白色ワセリンをさらに精製したものがプロペトです。500円/50g程度であり、目元などの皮膚の薄く弱い場所や乳児の顔にも塗ることができます。

・サンホワイト
プロペトをさらに精製したものがサンホワイトで、1000円/50gと高価になります。白色ワセリ
ンの中で最も純度が高く、皮膚の弱い赤ちゃんや、プロペトでもかぶれてしまう敏感肌の方でも使えます。

ワセリンの色々な使い方

ワセリンには様々な使い方があります。
ここでは、肌に優しく保湿効果も高いワセリンの使い方をご紹介します。

1.肌の乾燥防止
ワセリンは肌を保護し、皮膚からの水分の蒸発を防ぐことで乾燥防止効果を持ちます。製品にもよりますが、余分な成分がほとんど入っていないので、デリケートゾーンや目の周りなど、薬を塗りにくいところにも気楽に使用することができ、かつ効果も高いため大変便利です。

2.アトピー性皮膚炎対策
アトピー性皮膚炎の薬としてよく使用されるのがステロイド剤の塗り薬ですが、直接アトピーの発疹などがでていない部位でも、掻き傷のある皮膚からは水分が蒸発して乾燥しやすくなっています。

その乾燥がかゆみにつながり、悪循環を招きます。そこで、発疹のでていない部位でもワセリンを塗り、皮膚を保護しておくことで、乾燥を防ぎ痒みを予防することができるのです。

このように、アトピーの対策としてもワセリンは大変効果的です。

3.乳幼児の肌に
乳児湿疹やおむつかぶれなど乳幼児の肌に塗り薬を塗ってあげたいところがあっても、乳幼児はすぐ擦りとって舐めてしまうため、乳幼児の塗り薬は何かと心配が多いです。

しかし、ワセリンであれば、肌に一度塗ったものが口に入る程度の量であれば、まず体に害となることはないので、安心して使用できます。

4.リップクリームとして
唇の乾燥に対してもワセリンは効果的です。さらに口紅の下地としてワセリンを使用すると、唇の保湿をしながら口紅の発色が良くなり、一石二鳥です。

5.手荒れ防止
軽度の手荒れであれば一般的なハンドクリームを使用することで手荒れも改善されます。
しかし、一日に何度も食器用洗剤などを使用し、皮脂のバリアがなくなっている場合は、いくらハンドクリームをつけても水仕事をするたびに流れてしまいます。

ワセリンは親水性が低いので、一般的なハンドクリームに比べて少々の水仕事では落ちません。
皮脂の代わりになって手を保護してくれるので、手荒れ防止に役立ちます。

6.マメ・靴づれ予防
踵など靴と足との摩擦が起きやすい場所にワセリンを塗ってから靴を履くと、摩擦が軽減され、マメや靴ずれの予防になります。また、慣れないヒールなどの場合、疲労の軽減にもつながります。

7.花粉症対策
鼻の中にワセリンを塗ることで鼻の粘膜が保護され、花粉が粘膜につくことを防ぎます。綿棒などを使用し、優しく鼻の粘膜を覆いましょう。

乾燥肌に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

ワセリンでリップパック

上記で説明したように、ワセリンには効果的な使い方がたくさんあります。
ここでは、そのひとつである唇の乾燥防止のやり方について詳しく説明していきます。

ワセリンは、リップクリームの代わりに塗ると高い保湿効果を得ることができます。もちろん、そのままワセリンを唇に塗るだけでもよいのですが、さらなる効果を期待する場合には『リップパック』がおすすめです。

では、『リップパック』のやり方をご紹介します。

1.ラップを使ってリップパック
①自分の唇を覆うサイズの食品用ラップを用意する
②ワセリンとハチミツを1:1で混ぜたものを作り、唇に塗る
(ハチミツが苦手な場合は、ワセリンのみでもある程度の効果は期待できます)
③ラップをその上から乗せて5~10分放置する
④時間が経過したらラップを外し、ティッシュまたはぬるま湯で軽く落とす
(このときこすると唇に刺激を与えてしまうので擦らないように注意する)

※この方法は、お風呂の中で行うとより効果的です。
①唇に少し厚めにワセリンを塗る
②その上からマスクをする
③ワセリンが落ちない状態でなるべく長時間放置する

※長時間行う場合は、寝る前が最適です

2.マスクを使ってリップパック

まとめ

このようにワセリンは様々な症状に対応でき、肌にも優しいため、常備しておくと何かと便利なアイテムです。

とはいえ、全ての症状に万能なわけではありませんので、気になる症状がでていたり、ワセリンを使用しても症状が改善しない場合には、早めに皮膚科などを受診することをおすすめします。

今回ご紹介した効果も、数あるワセリンの効果の一部です。
ワセリンは、これら以外にも様々な場面で活躍する優れものなのです!

ワセリンを上手く活用して、様々な乾燥によるトラブルを解消してみてはいかがでしょうか?

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。