病気の予防法

慢性便秘症・病気の予防方法に関連する基本情報

慢性便秘症は、さまざまな症状を呈します。放置しておくと腸炎や大腸がんの原因にもなるなど、決して油断できない病気です。どんな病気でも、予防は何よりも重要で効果的なな対策となります。

そこで、慢性便秘症の予防方法について解説します。
  1. 慢性便秘症の原因は?
  2. 慢性便秘症の悪化を予防する方法
  3. 慢性便秘症の症状チェック
  4. まとめ
慢性便秘の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

慢性便秘症の原因は?

予防方法を知るためには、慢性便秘症がどのような原因で発症するかについて知る必要があります。

慢性便秘症の原因について
慢性便秘症の原因は下記が原因であることが多いと言われています。

  • 慢性的なストレスによるもの
  • 腸内環境の悪化や悪玉菌が増えた腸内環境
  • 食物繊維が不足している
  • 運動不足によるもの
  • 水分不足によるもの
  • 薬を服用したことによる副作用
  • 腸炎や大腸がんといったその他の病気によるもの

慢性的なストレスを持つことは自律神経の乱れを生じさせ、本来の免疫力の低下を招いてしまう為、注意が必要です。腸炎やがんなどの病気に罹患する可能性も高くなる上、重篤な便秘の原因にもなってしまうのです。

慢性便秘症がその他の重い病気によるものであれば、すぐに病院を受診することが大切です。その他の要因であれば、自力で便秘を治すという場合は、腸内環境を改善し、適度な運動、また、便秘解消に良い食べ物を積極的に摂取することが大切です。

慢性便秘症の方の共通している点は、食生活のバランスが悪いことです。

便秘解消の為に毎日ヨーグルトを摂取したり、飲み物はしっかりと水分補給していても、運動やストレッチなどは全く行っていないという方が多いです。トータル的なバランスが悪い場合は、どれだけ便秘解消の為に気を付けていても、何の効果も発揮しないということもあるのです。

慢性便秘症の悪化を予防する方法

慢性便秘症とは、明確な予防法が確立している病気です。しかし、発症後にその症状の進行を予防する方法がいくつか提唱されています。

食事で改善を
私達の体を作っているのは何よりも「食事」です。慢性便秘症についても、食事によってその症状を改善できる可能性がある内容が提唱されています。

例えばヨーグルトなどは、腸内環境を整える善玉菌を増やす役割があり、慢性便秘症にはとてもメリットになります。

また、食物繊維を豊富に含む食材を積極的に摂取するようにしてください。

食物繊維を多く含む食品は、たけのこやごぼう、きのこやこんにゃく、海藻類、果物です。
その他、脂肪は腸の粘膜を刺激するため、排便がスムーズになされることから、適度な脂肪の摂取は行うようにしてください。

水分は重要です。水分摂取量が少なすぎる、また、発汗が多い場合は身体の中の水分が減少し、便が硬くなり、排便されにくくなってしまいます。そうならない為にも、こまめな水分補給を行うことを心掛けてください。そして、何よりも3食規則正しく食事を摂取することが健康な排便を促す基本です。

民間療法では完治しない
他にも、慢性便秘症に効果のあるツボや運動が勧められていますが、こうした非医学的な方法では慢性便秘症を完治させることはできません。

慢性便秘症の治療法は、薬物療法と生活習慣の改善に大別されます。
一般的には薬物療法を行いながらも、生活習慣を改善させることで慢性便秘症の改善に努めます。しかし、一時的に症状を緩和するといった治療法は、後に慢性便秘症が再発する恐れもあることから、毎日の生活習慣を正しくすることが求められます。

慢性便秘の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

慢性便秘症の症状チェック

慢性便秘で特に多く見られる症状は「排便回数の減少」と「お腹の張り」です。
慢性便秘は、頭痛や胃痛、胃もたれなどが生じるという特徴もあります。

慢性便秘かも!? 症状をチェックしよう
以下の症状に思い当たる項目が多い場合、慢性便秘である可能性が考えられます。
早めにお近くの病院の胃腸科や消化器内科、便秘外来を受診してください。

  • 排便回数の減少
  • 排便時の不快感
  • 腹痛やお腹の張り
  • 便の量が少なく回数が多い
  • 頭痛や胃痛、胃もたれがする
  • 口臭や体臭がきつくなる

まとめ

このように、慢性便秘症は、薬物療法だけではなく、普段からの食生活を改善することによっても大きく快方に向かうことができます。もちろん何らかの理由で自然治癒する可能性もあります。

いくつか症状の発生を予防できるような民間的な方法もありますが、これでも確実に症状を緩和できるとは限りません。慢性便秘症の症状には個人差もあることから、自身でできる予防法を実践することも必要ですが、時には医療機関の力を借り、正しい薬物療法も必要となることを理解しておいてください。

慢性便秘症の症状が疑われる場合や、自身で慢性便秘症の症状を感じた場合は、早めに消化器内科や便秘外来を受診するようにしてください。

慢性便秘症に良い食事に関する詳しい解説はこちら

慢性便秘症に良い食事に関連する基本情報を紹介しています。薬以外に即効性のあるものがあるのか?ストレッチや体操などの運動やコンビニの食べ物や飲み物、ヨーグルトは効果があるの?等解説しています。

慢性便秘症・症状解消に良い食事に関連する基本情報

参考サイト:リンク1リンク2リンク3
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。