関連情報

肥満症の治療に役立つ関連情報サイトや患者会について

肥満症は命の危険性が高い疾患を発症する恐れがあるものの、その治療を途中でやめてしまったり、一度は適正体重まで減量できたけれどリバウンドしてしまったりする人が多いといわれています。

そんな肥満症と向き合い、治療・改善していくためには、肥満症の正しい知識をもって、励まし合える仲間を作ること。

そこでこの記事では肥満症の治療に役立つ関連情報サイトや患者会についてまとめてみました。

  1. 肥満症の患者会はあるの?患者会の役割とは
  2. 肥満症の治療に役立つ情報サイト
  3. まとめ
肥満症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

肥満症の患者会はあるの?患者会の役割とは

あなたは患者会という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?
「ところで患者会ってなにをするところ?」
「患者会に入るとどんなメリットがあるの?」
そんな疑問を抱いている人も多いと思います。

患者会の目的や役割。そして肥満症患者さんが参加できる患者会について解説していきましょう。

患者会とは?目的・役割を解説
患者会とは、同じ病気や症状を抱える患者さんや、そのご家族。
また、専門的な知識をもった医療関係者などが集まっている会です。

病気を克服したり、病気と上手く付き合ったりするために、

  • 病気の悩みや不安
  • 体験談
  • 有益な情報交換
  • 勉強会

などを行います。

同じ病気を患っていても、一人ひとり生活環境や治療方針は異なるので、人それぞれの体験談を聞くことで、新たな解決策を導き出せることもあるでしょう。

信頼できる主治医のアドバイスを受けながら治療に専念をしていても、その中で悩みを抱える瞬間は少なくありません。

というのも、医療機関は科学的な視点で捉えた『医学』を元に治療を行っているので、どんなに知見のある医者でも、同じ病気を患った経験がある人は少ないでしょう。

しかし、患者会では自分と同じ病気と闘う『仲間』と繋がりがもてます。

「実際に治療を体験して、どんなことが辛かったのだろうか?」
「仕事と闘病の両立はどうやって行ったのだろうか?」

患者会は、治療に関する悩みや、将来・仕事のことを当事者目線で語りあえ、励まし合える場所なのです。

肥満症の患者会情報
残念ながら、現段階では肥満症に特化した患者会はないようです。
しかし、肥満症の指定疾患とされる11の病気に関する患者会もあるので、ここでは関連する疾患の患者会をピックアップします。

耐糖能障害(2型糖尿病や耐糖能異常など)の患者会『糖尿病友の会』
肥満症の中でもとくに発症リスクが懸念されている耐糖能障害。
肥満症から糖尿病を発症する患者さんも珍しくはありません。

『糖尿病友の会』は、糖尿病患者さんである本人やご家族。また医療機関に携わるスタッフで作られています。

全国で1600もの友の会があり、糖尿病とうまく付き合っていくための勉強会や食事療法に関連した料理教室、情報交換会などが開催されています。
⇒詳細はこちら

高尿酸血症・痛風の患者会『痛風友の会』
中年男性に多くみられ、肥満症が関連する疾患のひとつでもある痛風。『通風ともの会』では痛風、高尿酸血症の正しい知識と治療を深めるために作られた全国規模の患者会です。

会誌である『痛風』の送付や、痛風の講演会、また痛風協力医療機関などを紹介してくれます。
⇒詳細はこちら

脳梗塞の患者会『全国脳卒中者友の会連合会』
現代人に多いとされる脳梗塞に関連する患者会、『全国脳卒中者友の会連合会』では、全国各地になる脳卒中の患者会情報を閲覧できます。
お住まいの地域にある患者会を探してみてはいかがでしょうか?
⇒詳細はこちら

腎臓病の患者会『腎友会』
役にたつ情報が詰まった会報の発行や電話相談・勉強会の開催だけでなく医療機関や地域行政への申し入れなど、ひとりでは不可能なことに対しても働きかけている患者会です。
また、会員同士のイベントも積極的に取り組んでいるので、励まし合える仲間を見つけることもできます。
⇒詳細はこちら

肥満症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

肥満症の治療に役立つ情報サイト

最後に肥満症の情報が掲載されているサイトさまを紹介します。

東京都病院経営本部さま
東京都病院経営本部さまのサイトでは、肥満症の基本的な知識や食事療法に関する情報が掲載されています。

肥満症治療において重要視される食事療法ですが、ただたんにエネルギーを減らした食事を行うと栄養バランスが乱れたりストレスの原因となってしまいます。

お役立ちレシピなどを参考にして、バランスがよく、治療を続けられるような食事を身につけてみましょう。
⇒詳細はこちら

日本肥満症予防協会さま
肥満症を予防するために必要な知識やコラム。
またニュースや統計・調査情報などを掲載しているサイトさまです。
肥満症に関連する11の疾患についての基本的な知識も掲載されているので、肥満症が気になる方、肥満症と診断された方は、ぜひ一度拝見してみてください。

まとめ

肥満症を克服・改善していくためには、信頼できる医療機関でのアドバイスだけでなく、正しい情報や支え合える仲間も必要。
とくに治療の離脱率も、リバウンド率も高いといわれているので、自分が継続して行える治療方法を生活習慣として身につけていきましょう。

肥満症の基本情報についての詳しい解説はこちら

肥満症とは?肥満との違いなど病気に関する基本情報を掲載しています。一般的に肥満とは違い、病気として症状があるため治療を受けることができます。どういった違いがあるのか?詳しく解説しています。

肥満症とは?肥満との違いなど病気に関する基本情報

参考サイト:リンク1リンク2リンク3リンク4リンク5
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。