疾患のセルフチェック法

喘息の症状からセルフチェックに関連する基本情報

喘息は、風邪のような自覚症状が明確ではない病気の一つです。しかし、症状が進むごとに重い症状に悩まされる病気ではありますので、早期発見と早期治療が重要であることには変わりません。そこで、喘息の「セルフチェック」について解説します。
  1. 喘息はセルフチェックが重要
  2. 喘息・気管支喘息の症状
  3. 喘息・気管支喘息の検査と治療
  4. まとめ

喘息の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

喘息はセルフチェックが重要

「もしかして喘息かもしれない・・・」
「呼吸がしにくいと感じる為、喘息かどうか調べるにはどのようなチェックをしたら良いのか・・・」など、喘息かどうか、また、喘息かもしれないといったような、喘息の初期症状や重症度についてセルフチェックすることができます。

また、大人が罹患する成人喘息や子供が罹患する小児喘息も、気管支喘息の症状は似ていて、診断基準も同じです。

喘息発作が発症した際の初期症状には、咳や痰がひどくなり、呼吸音が「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といったような音が鳴るような場合は、喘息かもしれないということが分かり、ひとつの診断基準となると思ってください。

自身では単なる風邪のような状態に思えたり、発症した症状を熟知しておらず、判断を誤りそうになったり不安に感じる場合は、早々に医療機関を受診するようにしましょう。

喘息は、風邪の症状のように分かりにくい場合もあり、自覚症状としては勘違いしやすい為、発見が遅くなる前に、定期的に喘息のセルフチェックを行うことをおすすめします。

喘息は大人でも子供でも発症する可能性がある
喘息は、成人している大人でも、子供でも、誰でも発症する可能性が高い病気です。
日常生活におけるアレルゲンが原因であることがほとんどですが、近年ではアレルゲン以外の要因によって喘息を発症する方が増えています。

その為、まだ小さなお子様のいるご家庭は、小さな子供の健康に気遣いながら、異変を感じた場合は早急に医療機関を受診すると共に、自身の健康についても常にチェックしておくことが大切です。

喘息・気管支喘息の症状

喘息・気管支喘息の症状の中で典型的な喘息発作の症状としては、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった喘鳴症状があります。

しかし、小さいお子様は、単に風邪を引いた時に咳き込んでいるだけであるのか、喘息の症状と見分けがつきにくい場合も多く、実際に医療機関を受診しても、1度「ゼーゼー」と喘鳴しても、すぐに喘息であるといった診断はなされません。

風邪の症状ではない時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘鳴を何度も繰り返したり、気管支拡張の為の吸入及び内服薬によって症状が改善するか否か、また、アレルギー疾患を持っていたり、運動をすることで咳き込み症状が発生する、アレルゲンに接触することで症状が出るといった様々な事項によって診断されることとなります。

また、小さいお子様の場合は特に、気管支がまだ狭い為、風邪を引くだけでゼーゼーすることも多々あります。全てが喘息や気管支喘息の症状とも言い切れず、他の病気の可能性もある為、適切な検査を行い、正しい診断を確認する必要があります。

喘息の重症度
喘息発作の強さではなく、喘息の重症度については、その発作の起こる頻度によって治療ステップが決定されます。それぞれの重症度については、間欠型、軽症持続型、中等症持続型、重症持続型に分類されます。

初期症状は何?
子宮内膜症は、初期段階では明確な症状を引き起こさないことが多いです。子宮内膜症は子宮内ではない部位に子宮内膜のような組織が生じる病気です。これが月経周期によって剥離して出血を伴い、炎症を起こしてこれを繰り返すことで症状が重くなります。

そのため、これを繰り返す、つまり症状が進行しないと自覚できないことが多いのです。場合によっては子宮筋腫などの初期症状として現れる可能性もある症状であるため、何らかの病気で子宮内膜症や別の病気など、予期していなかった病気を発見することもあります。

喘息の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

喘息・気管支喘息の検査と治療

喘息・気管支喘息の治療法は、薬物療法により行います。

喘息・気管支喘息の診断方法
喘息・気管支喘息は、以下の検査によって診断します。

  • 血液検査
  • 画像検査(レントゲン・胸部CT)
  • 呼吸機能検査(モストグラフ・スパイロメトリー・FENO)
  • 気道過敏性テスト
  • 好酸球検査
  • 血液ガス分析

喘息・気管支喘息の治療方法
喘息・気管支喘息の治療方法は、「薬物療法」が主となります。また、喘息・気管支喘息の治療は、「発作を予防する薬物療法」と「発作が起きた時に鎮静させる薬物療法」があります。

発作を予防する薬をコントローラーと呼び、喘息発作を起こさないようコントロールする薬です。それには、「ロイコトリエン拮抗薬」という飲み薬の他、「インタール」という吸入の薬もあります。

その他、アレルギーの炎症を抑えるステロイド吸入薬が即効性があります。

一方、発作が起きた時におさめる薬をレリーバーと呼び、喘息発作が起こった場合は、気管支拡張剤として、吸入、飲み薬、貼り薬を使用します。しかし、これだけを使用しても喘息発作はおさまりません。

できるだけ発作を起こしてしまう前に、婚とリーラーを使用し、喘息発作を予防することが喘息治療で最も大切なことです。

まとめ

喘息・気管支喘息は、風邪と同様の症状が出る為、その前兆がわかりにくいということが多く、風邪だと見過ごしてしまいがちな病気です。しかし、少なからず喘息・気管支喘息の症状が出現する為、喘息のセルフチェックにより該当する症状を自覚した場合は、早めに呼吸器内科を受診してください。

喘息の診断プロセスに関する詳しい解説はこちら

喘息の診断プロセス(子供、大人)に関連する基本情報。何科を受診すればいいの?などの素朴な疑問。喘息、気管支喘息の子供や大人の診断方法や検査。痰絡みや薬に関することを掲載しています。

喘息の診断プロセス(子供、大人)に関連する基本情報

参考サイト:リンク1リンク2
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。