良い食事

喘息の病気に良いとされている食事に関連する基本情報

喘息は、喘息に良い運動や喘息に効くサプリメント、また、毎日の食事療法などで、効果的に予防することができると言われています。とは言え、食事療法においては、食物アレルギーの有無に関わらず、食事内容については注意しましょう。

また、食事の食べ過ぎは横隔膜の機能が鈍り、呼吸が苦しいと感じてしまうことも多い為、腹八分目に留めるよう意識しましょう。

その他、夏の暑い季節になると、冷たい食べ物や飲み物を多く摂取しがちです。しかし、それらは気道を刺激し、喘息発作を引き起こす原因にもなる為、注意が必要です。調味料などで香辛料といった刺激物も気道を極端に刺激するため、避ける方が良いと言われています。

ここでは、喘息に良い食事について解説していきたいと思います。
  1. 喘息予防に役立つ食べ物・飲み物とは
  2. 食事療法に付随して行いたい体質改善
  3. まとめ

喘息の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

喘息予防に役立つ食べ物・飲み物とは

紅茶やハーブティー・コーヒー
紅茶やハーブティー・コーヒーには、カフェインがキサンチン誘導体となり、気管支拡張薬と同等の働きをする為、気管支拡張効果が高いことが多くの方に知られています。それだけではなく、特にハーブティーには香りによる精神的リラックス効果が期待できる為、喘息に有効であると言われています。
ハーブティーは、ストレス性の喘息に有効に作用するようです。

このような飲み物については、喘息を治すものではなく、あくまで予防や症状の緩和に役立てる目的である為、摂取する際は、医師に相談されると良いでしょう。

はちみつ・チョコレート・みかん
喘息は気道が炎症を起こすことが原因で発症します。その炎症を抑えるためには、ビタミンCやビタミンEを含む食べ物を積極的に摂取することをおすすめします。ビタミンCは、特に喘息にいいと言われている果物であるみかんに豊富に含まれており、その他、葉野菜や大根などにも含まれます。

ビタミンEは、ナッツ類や緑黄色野菜、黒豆や銀杏などにも喘息改善効果があると言われています。

はちみつは、咳や感染症及び炎症等の症状を治療する薬として使用されています。はちみつには、抗酸化防止剤、抗免疫調整、抗菌効果がある為、喘息の症状に効果的であることが、マレーシア科学技術革新省の科学基金助成制度により研究が行われています。

チョコレートの原料となるカカオには、「テオブロミン」という成分が含まれており、咳を鎮静させる作用があります。テオブロミンは気管支拡張作用があり、テオフィリミンと同等の効果があるそうです。
その為、喘息にはチョコレートが効果的であると言われているのです。
しかし、50g以上摂取することで咳止めの効果が薄れてしまう為、適量摂取を心掛けましょう。

喘息に良い食事という考え方としては、これが必ず喘息に効果があると断定できる食品はありません。
特にアレルギーを持つ方は、食べ物に細心の注意が必要です。喘息予防に効果のある食事としては、炎症を鎮めたり、症状を緩和させる食べ物は、魚(いわし、うなぎ、さば、さんま)に含まれるEPAやDHA、キノコ類に含まれるβーグルカン、しそ油やえごま油に含まれるαーリノレン酸などが良いと言われています。

αーリノレン酸については、喘息に効くサプリメントとして販売されている為、それを摂取するのも良いでしょう。

飲み物は、喘息に効くと言われるお茶やコーヒーや紅茶に含まれるカフェインが、気管支の緊張を和らげる効果がある為、積極的に摂取するようにしましょう。

喘息患者が避けるべき食べ物
喘息患者が避けるべき食べ物は、グレープフルーツやメロン、キウイといった果物類です。これらにはアレルゲンが含まれる為、喘息発作を悪化させる可能性が高くなります。生のフルーツだけではなく、ジュース類の摂取にも気を付けましょう。また、唐辛子などの香辛料については、気管を刺激し、喘息発作の原因となる為、摂取を控えるようにしてください。

喘息患者が避けるべき食べ物には、アレルゲンが大きく関わっていますが、これらを摂取しない食事レシピを考える必要もあります。食生活において喘息患者が安心して良いお食事を摂取することができるよう、レシピサイトを活用し、実践されることをおすすめします。

喘息の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

食事療法に付随して行いたい体質改善

喘息は食事療法だけで解消することはできません。喘息の症状を抑え、より良い生活を行うためには、食事療法に加えて、体質改善も行う必要があります。

毎日行う適度な運動
喘息を予防する体質改善には「運動」がおすすめです。ただし無理な運動量である必要はなく、軽いウォーキングなど、毎日欠かさず短時間からでも行い、継続できるものを取り入れましょう。

東洋医学による喘息に効くツボ
喘息に効果的であると言われている東洋医学による喘息に効く「肺愈」と呼ばれるツボを刺激するとです。
肺愈というツボは、肩甲骨と背骨の中間に位置しており、そこを刺激すると身体全体がじんわりと温かくなり、呼吸が楽になると言われています。

喘息を治療するためには何科を受診すべき
喘息を治療するためには、呼吸器内科、アレルギー科、内科、小児科等を受診してください。特に小児の場合は、どの科を受診するか悩む方も多いと思います。まずはかかりつけの小児科を受診するようにしましょう。

喘息を治療する場合は、呼吸器内科やアレルギー科等で、適切な治療を受ける必要があります。本来、食事療法だけで喘息が治癒するものではありません。必ず医療機関受診しましょう。

まとめ

喘息予防にも効果的な食品や栄養素は、喘息だけに効果を発揮するものではなく、その他、身体の免疫力を高める作用のあるものばかりです。これらを意識して積極的に取り入れることで、喘息症状が和らぐ上、風邪や感染症に罹患することを予防できます。

もちろん、喘息に必要な治療は行わなければなりませんが、毎日の食事によって喘息を予防できるのはとても嬉しいことです。食事療法は、長く続けてこそ効果を発揮する可能性を高めることができます。

毎日できることから少しずつ行うことで喘息の症状も和らいでいくと良いですね。

喘息の治療法に関する詳しい解説はこちら

喘息、病院での治療方法(点滴、吸引等)に関連する基本情報。最新医療のことなど情報をまとめています。子供、大人問わず治療期間。治療薬、ステロイドに関すること等情報を掲載しています。

喘息、治療方法(点滴、吸引等)に関連する基本情報

参考サイト:リンク先1リンク先2リンク先3リンク先4
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。