疾患のセルフチェック法

糖尿病のセルフチェックに関連する基本情報

体内の「インスリン」の作用が正常に機能せず、血糖値が高い状態が続く病気、糖尿病。
この病気でいちばん恐ろしいのが、全身に現れる様々な合併症です。
糖尿病が進行することで、

  • 失明の恐れ
  • 尿毒症で透析が必要となる
  • 動脈硬化

などを引き起こすリスクが高くなります。

自覚症状が感じにくいと言われる糖尿病ですが、深刻化を食い止め、合併症を発症しないためには、早期発見・早期治療がカギとなります。

糖尿病にはいくつかのタイプがありますが、今回は糖尿病が疑われる症状から、その危険性を簡単にセルフチェックする方法をご紹介します。
  1. 生活習慣を振り返りながら、糖尿病の危険度をセルフチェック!
  2. 生活習慣からセルフチェックをしよう
  3. 症状からセルフチェック
  4. まとめ
糖尿病の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

生活習慣を振り返りながら、糖尿病の危険度をセルフチェック!

糖尿病を発症する大きな原因は、体質や生活習慣。
そこで、まずは糖尿病の発症の危険度をセルフチェックしてみましょう。

▼糖尿病の危険度セルフチェック

  • 太ってきた
  • 血のつながりがある家族・親族に糖尿病患者がいる
  • 歩行数が少ない・運動不足を感じる
  • 疲れやすい・体がだるくなる
  • すい臓や肝臓が悪いと言われたことがある
  • のどが乾きやすくなった
  • 空腹を感じやすい
  • 食べ過ぎてしまうことが多い
  • トイレに行く回数が増えた
  • 尿のにおいが気になる
以上の質問であてはまる項目が多いほど、糖尿病発症の危険度が高い、または疑いがあると言えます。

生活習慣からセルフチェックをしよう

遺伝的な要素が強い先天性は「一型糖尿病」
生活・食習慣による要素が強い後天性は「二型糖尿病」
妊娠中の代謝異常によって引き起こすものが「妊娠糖尿病」
また、医薬品の影響や他の疾患が原因となる場合が「その他」

糖尿病は「一型」「二型」「妊娠」「その他」と4つの原因にわけて、タイプが異なりますが、その中でも誰もに発症リスクがあるタイプが「二型糖尿病」です。

では、次に生活習慣から「二型糖尿病」になりやすい生活習慣をチェックしていきましょう。

こちらも上記のセルフチェックと同じく、あてはまる項目が多いほど、二型糖尿病を発症する生活習慣をしているということになります。

▼生活習慣からセルフチェック

  • 甘いもの(糖分が高いもの)が好き、よく食べる
  • 脂っこいものが好き、よく食べる
  • 食事時間が不規則だ
  • お酒が好き、よく飲む
  • 野菜・海藻類をあまり食べない
  • 食べるのが早いと言われる
  • 缶コーヒーなども含み、清涼飲料水や栄養ドリンクをよく飲む
  • 喫煙者だ
  • 睡眠時間が短い・あるいは不規則
  • 生活の中でストレスを感じている

食生活の欧米化、ジャンクフードやコンビニ食の普及により、食生活が乱れたり、慌ただしい生活の中でストレスを感じやすい現代人は、遺伝子的に糖尿病を患いやすい人でなくても、後天性の「二型糖尿病」を発症しやすいと言われています。

特に新陳代謝が低下したり、食生活が乱れ、運動不足を抱えている中高年が患いやすく、規則正しい生活・バランスの良い食事・適度な運動を心がけるだけで、糖尿病のリスクをグンと下げれるのです。

糖尿病の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

症状からセルフチェック

どんなに生活・食事・運動面に気をつけていても、体質的な要素で糖尿病を発症することがあります。
そこで、次に糖尿病においてよく見られる症状にフォーカスして、身体的な部分からセルフチェックを行ってみましょう!

▼症状からセルフチェック

  • 最近よくのどが乾く
  • 倦怠感がある・疲れやすくなった
  • 尿の回数が増えた・残尿感がある
  • 手足のしびれを感じる
  • 手足が冷える
  • 尿の泡立ちがなかなか消えない
  • 視力障害(目のかすみ・視力低下など)
  • 体重が増えた
  • 体重が減った
  • 立ちくらみがたびたび起こる
あなたはいくつ、あてはまる項目があったでしょうか?

糖尿病は、太っている人がなりやすい・体重が増えてきたときに疑われると認識されていますが、実は「体重の減少」も糖尿病において、よく見られる症状です。

血糖に異常が起きて、血糖を上手にエネルギーとして活用できないため、足りなくなったエネルギーを、体内に蓄えている「タンパク質」「脂肪」で補おうとするので、痩せたり、疲れやすいという症状が現れるのです。

「糖尿病の症状にあてはまっているけれど、最近、痩せてきているから大丈夫」と自己判断するのは危険。

症状は人それぞれ異なるので、不安な点があれば、かかりつけの医者に相談しましょう。

これは、血糖をエネルギーに変えられないため疲れやすくなるだけでなく、不足したエネルギーを補うために体に蓄えている「タンパク質」や「脂肪」をエネルギー源とします。これにより、体を構成するタンパク質や脂肪が減り、痩せるのです。

まとめ

糖尿病は一度発症すると、生活に様々な制限が設けられます。
遺伝的な問題と勘違いされやすいですが、発症原因は日常生活に潜んでおり、年齢・性別を問わず、誰でも患う危険性があるのです。
そんな糖尿病を予防するためには、習慣を見直すだけでなく、疑わしい症状があれば、すぐに医師の診断・治療を受けましょう。
どんな症状が見られるのか?
どんな習慣が危険なのか?
セルフチェックで診断・そして認識を蓄えて、糖尿予防について考えてみてください。

糖尿病の診断プロセスに関する詳しい解説はこちら

インスリン作用の不足が原因で、慢性の高血糖状態になる代謝疾患「糖尿病」。ここでは、糖尿病の疑いがある場合、どういう病院や診療科目を受診すべきか?
また、どういう検査を行い診断されるのかについてご紹介していきます。

糖尿病の診断プロセスについて

参考サイト:リンク1リンク2
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。