関連情報

慢性心不全・患者会・お役立ちサイトや病気の基本情報

皆さんは「慢性心不全」という病名を聞いたことがあるでしょうか。病名からすると、これは心臓に関係する病気であることは推測できます。しかし、病気の詳しい内容までを理解している方は少ないと思います。

ですが病気の原因や症状を知っておくことで、病気を早期に発見できる可能性が高まります。
そこで、慢性心不全の基本的なことについて解説したいと思います。

  1. 慢性心不全とはどのような病気か?
  2. 急性・慢性心不全とは
  3. 心不全の原因
  4. 慢性心不全の症状チェック
  5. 慢性心不全の治療
  6. 心不全は治る病気なのか
  7. 心不全による余命は
  8. 慢性心不全について役立つサイト
  9. まとめ
慢性心不全に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

慢性心不全とはどのような病気か?

慢性心不全とは、狭義の意味より、「慢性に起こる心筋の障害によって、本来、血液循環を正常に行うべき心臓の役割であるポンプ機能が低下することにより、末梢主要の各臓器へ、十分な酸素を多く含む血液を拍出できない状態となり、肺や体静脈系にうっ血を起こし、日常生活において障害が生じる状態となること」と定義されています。

急性・慢性心不全とは

一言で「心不全」と呼ぶこの病名には、急性心不全と慢性心不全に区別され、これらは治療内容の決定のために使用されます。

急性心不全
急性心不全は、急激な新機能の低下により、身体の血液循環に異常が起こります。
通常、左心不全が多発しています。
急性心不全の症状として挙げられることは、呼吸困難やショック症状など、急性症状が起こります。

慢性心不全
慢性心不全は、心臓の機能が長期に渡り進行性となって悪化することにより起こります。
心臓の収縮機能や拡張機能が低下することにより、身体の中の血液循環が阻害され、体液が貯留してしまいます。
その結果、倦怠感と呼吸困難といった症状が起こります。

心不全の原因

心不全となる原因については様々な要因があると考えられています。
また、急性心不全であるか、慢性心不全であるかによっても異なります。

心不全の原因
心臓そのものの機能について原因がある場合

  • 狭心症、心筋梗塞により、心臓の筋肉が異常作動し、心臓の動きが悪くなる
  • 心臓の筋肉が他の病気を引き金にウィルス感染等に罹患することにより心臓機能が低下する
  • 心臓弁膜症により血液循環を正常に行うことができない
  • 不整脈により全身に必要となる血液を正常に送り出すことができない
  • 先天性異常により心疾患を患っている場合

心臓機能以外に原因がある場合

  • 高血圧
  • 貧血気味である
  • 腎臓疾患がある
  • 科学療法や放射線療法を行っている
  • 過度にアルコールを摂取する
  • ウィルス感染
  • 薬物による中毒作用

慢性心不全の症状チェック

慢性心不全の症状には、心臓のポンプ機能が低下することによって起こる症状と、血液がうっ滞することによって起こる症状があります。

慢性心不全かも!? 症状をチェックしよう
以下の症状に思い当たる項目が多い場合、慢性心不全である可能性が考えられます。
早めにお近くの循環器内科を受診してください。

心臓のポンプ機能が低下することによって起こる症状

  • 疲労感
  • 脱力感
  • 筋力低下により疲れやすい
  • 手足が冷たくなる
  • 頻尿になる

血液がうっ滞することによって起こる症状

  • 息切れ
  • 呼吸困難
  • 身体の浮腫みや体重増加
  • 食欲不振

慢性心不全の初期症状は?
慢性心不全は、その初期症状は顕著に現れます。
通常は、少し歩いただけでも息切れヲ起こすほど辛くなったり、疲労感を感じるという方が大半です。
その後、身体に浮腫みが現れることが多いです。

これらの症状は慢性心不全の前兆であり、多くの場合は急激に重くなることはなく、徐々にその症状が重くなります。
そのため、「慢性心不全かも!?」と自覚した時には、すでに心不全がそれなりに進行している可能性が高いと言えます。

慢性心不全の治療

慢性心不全の症状を放置すると致死的な状態となる為、気付いた際は早期に治療を開始することをお勧めします。
主な治療法は「薬物療法」が用いられますが、どのような治療内容になるかについては患者さんの症状によって決めることになります。

慢性心不全を放置するとどうなる?
心不全は、本来の心臓の正常な働きが低下することにより生じるます。
その為、治療の原則は、心臓の働きが低下した原因を突き止め、それらが病気の罹患が原因であれば、その治療を行うことが原則とされています。
特に、急性心不全の場合は放置することにより死につながります。

原因を究明し、血管を広げる等の必要な治療の後、薬剤を点滴投与する等、心臓の負荷を軽減させなければなりません。

酷い場合は心臓機能を正常回復させる為に、補助循環装置の使用が必要です。
一方で、慢性心不全は、急性ほどの急を要さないことから、心臓保護の観点から、適切な内服薬を服用することにより治療を行います。

慢性心不全は、正しく薬を内服することにより、予後は普通に日常生活を送ることができます。

このように、慢性心不全を放置すると場合によっては命を脅かすリスクを抱えることになります。
慢性心不全が疑われる自覚症状などがあれば、早めにお近くの循環器内科を受診してください。

尚、急性心不全や慢性心不全といったような心不全については、治療が円滑に進んだとしても、急性憎悪により再入院することも多い疾患として知られています。
その急性憎悪による憎悪因子については、個々の患者さんによりその原因は1つであるとも限らないのです。

慢性心不全に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

慢性心不全の検査
慢性心不全の検査は、主に以下の方法で行います。

診察と問診
慢性心不全の検査については、診察において聴診器により心臓音の確認を行います。

心電図
心電図では、心筋梗塞や不整脈といった他の要因がないかをしっかりと調べます。

レントゲン検査
レントゲン検査においては、心臓拡大や肺うっ血の確認を行います。

血液検査
血液検査は、脳性ナトリウム利尿ペプチドというBNPの循環調節ホルモンの値を確認します。
これは、心不全が起こると数値が上昇します。

治療を行うことで正常値になる為、慢性心不全を診断する他、その重症度について判断が容易となる、また、治療効果を得る為にも有効な手段として行われています。

また、さらに詳しい検査を行う必要がある方については、CTやMRI、カテーテル検査等を行うこともあります。

慢性心不全の治療法
薬物療法
慢性心不全の治療法で最も多い治療法は薬物療法によるものです。
代表的な内服薬としては、心臓の負担と症状を和らげる為に、利尿薬を用います。
また、自律神経のコントロールの為、ベータ遮断薬、そして、心臓の働きを強める為の強心薬であるジギタリス製剤、不整脈を予防するための抗不整脈薬等を服用します。

心不全により手術療法が必要な場合は
心不全により手術療法(心不全手術)が必要な場合は、下記のような心不全手術を行うことになります。
弁置換術
弁膜症による治療の際に行う外科手術となります。

冠動脈バイパス術
虚血性心疾患により行う外科手術です。

補助人工心臓
重篤な心不全に陥った場合、心臓の代わりに行う治療用装置を装着します。

心臓移植
重篤な心不全による最終手段として行われる外科手術です。

心不全は治る病気なのか

心不全は、「可逆的」と言われる時間の経過と共に心臓の機能が正常になるという可能性のある方はほんのごく一部であると言われています。しかし、アルコールの過剰摂取による頻脈誘発性心筋症や、心筋炎など、一時的な障害であれば可逆的であることから治る可能性はあります。

その為にはその原因を突き止め、取り除くことが必要です。
このような場合は、薬の服用なくして再発しないとなった場合は「治った」という表現が妥当でしょう。

しかしながら、心臓疾患については、正常に戻らない「不可逆的」なものの方が大半であると思ってください。

心不全の症状が強い方の場合を「急性心不全」、薬を服用することでその症状をコントロールされる方の場合を「慢性心不全」と呼び、どちらも「心不全」に該当します。
その為、心不全が完治する、治るという表現にはなり得ません。
例え慢性心不全の方が薬の服用をやめた場合は、当然、そののちに急性心不全の状態に陥ってしまう可能性が高い為、必ず医師の指示通りに薬を服用し続けなければならないのです。

つまり、正しく薬の服用を行っていれば、日常生活をごく一般的に過ごすことができるのです。これは、心不全を治す目的ではなく、心不全という病気と上手に付き合い生きていくことが必要となります。

心不全による余命は

心不全による余命については、心不全であると診断されてから約5年で半数近くの死亡率が伝えられています。
しかし、心不全として診断された後の入院期間はおよそ30日とされ、その後の死亡率は約10%ほどと改善傾向にあります。

しかし、これは、心不全による予後の改善は死亡率低下に留まっているというだけにすぎません。
根本的な治療や改善が必要となると考えられます。

慢性心不全に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

慢性心不全について役立つサイト

慢性心不全を患った、あるいは疑いがある場合に役立つサイトをいくつか紹介します。

患者会
⇒日本心不全学会について
⇒日本心不全ネットワークについて

役立つサイト
⇒こんな症状があったらー心不全の初発症状 | ハートニュース |
⇒いろいろな心不全の治療法 | 心不全がよくわかる 心不全.com | 日本メドトロニック株式会社
このサイトでは、心不全についての症状や治療、日常生活についての注意点を知ることができます。

治験について
治験を受けることによって、最新の治療薬を少ない負担で利用できます。
場合によっては、今まで慢性心不全に関する医薬品の効果が不十分だった人が、新薬の治験で大きな効果を得られる可能性もあります。
そうでなくても、治験のデータによって慢性心不全に苦しむ人たちに貢献できるチャンスとなります。

以下のページのように、治験を募集しているところもあります。
参加できそうな場合は積極的に参加してみてください。

e治験.com
⇒心不全について

まとめ

慢性心不全は、急性心不全とは異なり、ある程度前兆があり予測可能な病気です。
その症状の出方には個人差もありますが、早期発見することにより、命の危険を避けることが可能です。

もしも慢性心不全であるかもという症状が見られる場合は、早期に循環器内科を受診するようにしましょう。

慢性心不全の基本情報についての詳しい解説はこちら

慢性心不全とは? 原因や症状に関する基本情報を掲載しています。生活習慣が大きな起因とされていることがあげられるこの疾患。治療方法や手術の可能性など詳しく解説しています。

慢性心不全とは?原因や症状に関する基本情報

参考サイト:リンク
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。