軽度認知障害(MCI)の症状や原因、セルフチェック方法。また認知症へ進行しないための予防策や治療方法にはどのようなものがあるのか、詳しく解説しています。
  1. 軽度認知障害(MCI)とはどんな病気?
  2. 軽度認知障害(MCI)の定義
  3. 軽度認知障害(MCI)の症状

軽度認知障害(MCI)とはどんな病気?

2015年、厚生労働省が発表した推計では、2012年時点の日本の認知症患者数は約462万人。
65歳以上の高齢者の約7人に1人が認知症の患者となります。

軽度認知障害(MCI)は認知症予備軍と言われています。
健常者と認知症の中間にあり、認知症へと移行するリスクが極めて高い軽度認知障害(MCI)ですが、認知症は区別されています。

そもそも認知症は定義は【取得したはずの知能が、脳の組織や細胞の変形、変性あるいは破壊によって障害を受け、知能が衰えたり、崩壊、失われた状態】とされていて、「記憶」「決定」「理由づけ」「実行」など認知機能の衰えにより、日常生活が送れなくなってしまいます。

一方、認知症予備軍である軽度認知障害(MCI)は、認知機能に多少の問題があるものの、日常生活は問題なく送ることができます。

高齢化社会が進んでいる現代、認知症や軽度認知障害(MCI)への関心が高まりつつありますが、認知機能の衰えにより、日常生活が送れなくなってしまう認知症と比較しても、軽度認知障害(MCI)は気が付きにくく、生理的な物忘れと分別しにくいのが特徴でもあります。

軽度認知障害(MCI)の定義

軽度認知障害(MCI)の基本的な定義としては、

  • 認知症ではない
  • 本人または家族から、「記憶」「決定」「理由づけ」「実行」など認知機能低下の訴えがある
  • 全般的な知的機能は正常、またはおおむね正常である
  • 日常生活には支障をきたしておらず、問題がない
  • 年齢や教育レベルの影響だけでは説明できない記憶障害がある

以上5つの定義があり、これらの項目、全てにあてはまると軽度認知症(MCI)として診断されます。

軽度認知障害(MCI)の症状

では、軽度認知障害(MCI)では、どのような症状が発症するのでしょうか?
「記憶」「決定」「理由づけ」「実行」など認知機能のうち、ひとつの機能が低下すると言われている軽度認知障害(MCI)において、主に低下する3つの認知機能、具体的な例と共に症状を紹介します。

軽度認知症の臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

▼軽度認知障害(MCI)において、主に低下する3つの認知機能

  • エピソード記憶とは

「家族で食事をした」「旅行へ行った」など、本人が体験した出来事に関する記憶のこと。どこへ行ったか、何をしたか、どんな感情を抱いたかなど、エピソードに関する様々な付随情報。

  • 注意分割機能とは

「魚を焼きながら野菜を切る」「会話をしながらメモをとる」など、注意を切り替え、一度に2つ以上のことを同時に進行させるために必要な能力。マルチタスク機能。

  • 行動管理能力(思考力)とは

脳内に蓄積された記憶や知識を元に、計画を練ったり、目標の設定、判断など生活の中での行動を管理し考える能力。

軽度認知障害(MCI)の段階では、エピソード記憶、注意分割機能、行動管理能力(思考力)、上記3つの認知機能が低下しやすいと言われています。

▼軽度認知障害(MCI)に見られる症状

  • 物の置き忘れやしまい忘れが増える

財布やリモコン、鍵など、日常的に使用する物をどこに置いたか思い出せない。
使ったもののしまい忘れも増える。
戸締まりやガス栓を閉め忘れることも…。

  • 最近の出来事や身近な人物、物の名前が思い出せない

家族の名前や知っている物の名前を思い出せず、代名詞での会話が増える。
エピソードを思い出せないことから、会話が噛み合わない、口数が減る。
食事をしたり、外出したなど、数時間前の出来事を忘れてしまいがち。

  • 料理や買い物に時間がかかるようになった

同時に複数の作業を進行するのが困難となり、料理や買い物に時間がかかるようになる。
料理の味付けや味覚に変化がある。

  • 大人数での会話に入れない

大人数で会話をしていると、会話の内容や相手の表情を読み取れなくなる。

  • 予定や約束を忘れる

約束していた予定を忘れる。
スケジュール手帳を見なければ予定を思い出せない。
また、約束を覚えているものの、場所や日時を間違える。

  • お金の管理や計算ができなくなる

単純な計算ができない。
お金の管理能力がなくなる。

  • 同じ話を繰り返す。同じものを何度も買う。

同じ話を繰り返したり、買う必要のないものを何度も買って帰る。

  • 時間の感覚がない

今日の日にちや、今が何時なのかがわからない。
また、時間の流れを掴めない。

  • 服装に気を遣わなくなる

同じ服ばかりを選んだり、身だしなみに気を遣わなくなる。
季節にそぐわない服装を選ぶ。

  • 意欲や興味がなくなる(抗うつ状態)

今まで興味があったことに対して、関心がなくなる。
楽しめていたことが楽しめなくなる。

このように、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)では、認知症と似た症状が表れます。

軽度認知障害(MCI)のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

軽度認知障害を予防し認知症への移行を防ぐためには早期発見、早期予防が重要なポイントとなります。そこで、今回は認知症や軽度認知障害(MCI)を早期発見できる認知度簡易セルフチェックをご紹介します。

軽度認知障害(MCI)のリスクをセルフチェックしてみよう!

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

体験談
体験談

あなたの体験談を他の患者さんが必要としています。
軽度認知障害(MCI)は認知症予備軍と言われています。
健常者と認知症の中間にあり、認知症へと移行するリスクが極めて高い軽度認知障害(MCI)ですが、認知症は区別されています。

そんな軽度認知障害(MCI)で悩んでいる患者さんの為にあなたの体験談を共有しませんか?

SearchMyTrialでは、疾患啓発の活動を通じてより多くの方に疾患の理解を深めて頂く事を目指しています。是非、ご協力ください。

応募フォーム

投稿される内容について
投稿される内容は、SMT側の判断により、一部修正・変更・追加・削除等を行ったうえで利用させていただく場合があります。

投稿にあたってのご注意
・投稿いただく内容は、必ず、投稿者ご本人が体験した内容である事。
・ネットで掲載された内容など(第三者の著作権、その他の知的財産権、プライバシー、名誉その他の権利を侵害するもの)を自分の体験談として投稿し、採用された場合に、第三者から権利侵害等の申し立てがされることがあります。その際には、投稿者の責任で解決頂くこととなりますので、ご注意ください。
・投稿いただいた方の個人情報に関しては、当社個人情報規定に則り、厳重に管理します。

その他
・採用者には、1000円分のアマゾンカードをお支払い致します。その際、氏名、メールアドレス等に不備がございますと、こちらからの連絡作業が行えず、お支払いすることが出来ず、無効になる恐れもありますので、必ずお間違えないようご記載下さい。
・SMTは、投稿いただいた内容を、そのまま、または翻案、変更、改変、加工、追加等を加えたうえで、ホームページに利用致します。採用者の氏名等を表示しないで、イニシャルを使用致します。
・採用の際にはこちらからご連絡致します。一般の選考結果に関するお問い合わせはお受けできませんので、ご了承ください。
・投稿規約に違反していることが判明した場合には、投稿の採用を取り消す場合があります。

Privacy Policy利用規約に同意します。

試験一覧

軽度認知症に関する臨床試験

0